18日、民進党・蓮舫代表、二重国籍疑惑の解消へ! 自ら戸籍謄本を携え大きく説明に臨むでしょうか?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
昨日も触れましたが民進党の蓮舫代表の二重国籍
疑惑に関して。

本人、周囲の雑音を気にせず、王道と言うか。
当然歩むべく道筋を選択する様子。

つまり、戸籍謄本の開示を行う方向で足を一歩進
めたようです。

13日、午前中の蓮舫代表の記者会見での発言から。
「一私人でなく一公人、野党第一党の党首として」
「私が台湾の籍を有していないのが分かる部分を
示したい」

まあ、これは当然と言えば、当然のこと。
ただ、一年ほど引き伸ばされた感じはしつつも。
まずはあるべき姿への動きはよいと思います。

そして、この至極当たり前のことができない方を
多く抱えるのが民進党。
ですから、これでよき流れが生まれれば、同党に
おいてもプラスになるでしょう。

また、菅義偉官房長官は次のように言葉を発して
いるとあります。
「自身のことは自身がきちんと説明すべきだ」

こうなるとですね。
関心を持つ人はグッと増えるでしょう。
引導を渡されたわけですから。

民進党、それ以外の人、政治家であるか問わず。
国民全体が注視するでしょう。

ただ、菅官房長官の言葉は記者会見時の蓮舫代表
の発言を耳に入れての反応でしょうけど。

その奥にあるものはこうかもしれません。
「基本的に本来行うべきことを行わず。」
「国民に背を向けていただけのこと。」
「人に言われ姿勢を正して明らかにするだけでし
ょう。」

とした冷めたものも見え隠れするようです。

スポンサードリンク


ですから、蓮舫代表の記者会時の発言。
いくつかの報道を見るとですね。
すばらしい響きがあるような扱いもありますが。
そうではない・・と。

確かに新味はありませんからね。

実際、蓮舫代表の記者会見時での内容は。
二重国籍疑惑に関するものですけど。
日本と台湾の二つの国籍を持つとされる中で。
台湾籍を離脱し日本国籍の選択宣言をしていた!
とする証明、説明を行うだけ。

したがって、一般論としてですよ。
「話が持ち上がった時にさっさと示せば済んだ」
との声が上がっても、おかしくないものです。

ともあれ、18日に証明書類、おそらくは戸籍謄本
を示すと思われますが、全国民が納得できる説明
を求めたいものです。

特に民主党政権時に二重国籍であったのか。
また、自覚していたのか。

さらには台湾(中華民国)のパスポートをです。
当時持っていたのか。
最低、このあたりはしっかり明らかにして欲しい
ですね。

空のように。

蓮舫 戸籍

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。