蓮舫氏が安倍首相にギャー・・年金と2000万円・・政局にしてどうなる?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は国会の審議を見て
「いかがなものか」
と素朴に思うこと。

一昨日、10日月曜日の参院決済委員会
蓮舫氏が乱暴な表現を用いて
年金と例の2000万円必要の件で
安倍首相に対し噛みついていました。

そして、野党、おそらく立憲民主党が主体
と思われる議員たちが安倍首相の答弁を遮る
形でギャーギャーと騒いでいました。

こういうのって素朴に思うのですが
意味ありますかね。

今さら年金を政局にしてどうするのでしょう。
大方の国民は知っていますよね。

年金だけでは、老後は心もとない!
足りない!
そんなことはわかっているでしょう。

また、2000万円必要かどうかなんて
あった方がよいことはわかりますが
ただ、人それぞれの人生ですから
足る人もいれば、足らないと感じる人も
いるわけで、単なる一つの目安
貯蓄目標にしか過ぎないと思うのですよ。

そんなことで蓮舫氏は政府の・・
いや、安倍首相のあげ足取りをせず

どうしたら、少しでも、これからの人々が
年金を受けられるか、その制度を維持できるか
また、老後の生活はどうあるべきか
考えるべきであり、訴えるべきかと

そもそも、国会議員の歳費だって
2000万円以上頂戴しているわけで
蓮舫氏や立憲民主党議員たちのパフォーマンスに
あて、支払うのであれば

年金の原資に組み込めばと思うばかり。

基本、政局にすべき話ではないのです。

今回はここまでとなります。
呆れた思いと、少々怒りを持って
表してしまいました。

お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 松前 北朝鮮
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。