年金、75歳から受給なら、上乗せと言われてもね! 僕の場合は介護で消える?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちらです。

年金、75歳から受給なら、上乗せと言われてもね!僕の場合は介護で消える?

年金開始
75歳も選択肢に 毎月の受取額は2倍
って話。
任意ではありますが・・。

これって
多くの方々はどのように受け止められますか?

老人表現を70歳以上が妥当、適当なんて話が
出ていたと思えば、これです。
『70歳から老人扱い』はこれへの布石でしょうか。

何となく、そんな話につながりそうな予感は
していましたが、やはり出てきましたね。

そこで、話を戻して
『75歳から受給するなら、2倍!』
何となく良さげにも聞こえてきますが

でもね。
75歳以上になったら
人によっては孫も成人するかもしれない年齢に
なっている可能性もあるでしょう。

そこでちょっと身近なところを振り返りますと
今まで、多くの、もちろん僕の周辺のおじいちゃん
おばあちゃんの話を聞く限り、お孫さんが小さい時に
年金でいろいろとその成長を見守ることに使う場合が
多いとのこと。

ですからね。
75歳以上となると、孫にも使えない
自分にもかけられないことになりませんか?

僕は、つい、そのように、この件を捉えて
見ているというわけなんですね。

ネガティブと言われれば、それまでですが
でも、人の寿命って、無限ではありませんから
しかも、自らの体を自らの意志で動かせる時間も
個人差があるとはいえ限りがある話。

それを考えれば、『年金=お金』ですから
有効活用できる時に支給が行われることを望みたい
ものです。

また、この話もネガティブと思われる方がいるかも
しれませんが

基本、年金制度って、しばしば変わっているのです。
変更があるのです。
しかも、その傾向は支給時期の先送り!

スポンサードリンク


言わずもがなでしょうけれど。

それに別の話ながらも、外国人の受け入れも
少なからず影響してくるでしょう。

彼らが年金加入のための掛け金をしっかり払うか
どうかは未知数と思うのです。
(今の若い人たちの思い以上に・・危惧)

でも
立憲民主党などは「外国人に将来年金を払ってやれ」
と言うのではないでしょうか。
野党はベクトルの向き先が違うようですから。

話はそれましたが、戻します。

要は国として
今後も支出が増える傾向を抱えている!
その懸念は払しょくされない!
と思うのです。

そのため、これから支給を受ける対象の方は
早めに受給する方向で当たった方がよさそう
・・ですよ。
今、70代の知り合いのおばあちゃんは
言っていました。

このおばあちゃん、とても頭のよい方、世間を知ることに熱心な方です。

なお、ツイッターを見ると同様のお考えの方が
発信しておられたので、参考までに引用します。

ということで
僕がここで表したことは政府の考え、方針に
逆らうように映ると思いますが
人生、長いようで短いのです。

僕の場合、自身の介護資金で消えるかも?
なんて浮かびますが・・さておき。

使える時、役に立つ時に年金は欲しい!
ということを添えて、終えることにします。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. ユニオン 生コン
  4. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。