自民党の細田博之総務会長が同派のモンスター豊田真由子衆院議員を庇ったことに関して! 国を導く国会議員の立場を忘れたか?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は必要以上に責める必要は「ないけどさー」
と捉えつつも。
でも、世の中を指導する立場の人の発言ではない
でしょ!・・と思うこと。

自民党の細田博之総務会長が同派のモンスターと
揶揄される豊田真由子衆院議員を庇ったらしい!

報道から伝わるものではこちら。
「ハゲ」など暴言と暴行の責任を取って自民党に
離党届を出した一連のことに関し、細田博之総務
会長は「本人が衝撃を受けて入院・加療中で、い
ろんな事情がある」と言葉にしたとあるのです。

こういうの見たり聞いたりすると。
政府並びに与党自民党は国民と考え方が乖離して
いると思ってしまいますね。

このモンスターこと豊田真由子議員が、議員では
なく、ごくごく一般の人であれば、それも通じた
かもしれません。

ですが、現職の国会議員なのです。
国会議員とは言えば、立法の府である国会で発言
を行い、何らかの形で国政に関与していくわけで
しょう。

つまり、国家、国民を導く立場のお一人ではない
でしょうか。
それにもかかわらず、同僚愛的に斟酌すべきもの
があるとした表現はよろしくないと思うのです。

さらに言えば、このような発言が事件発覚後。
数日して生じるということは自民党の中にですね。
「まあ、ええやないか」といった風潮があるとし
か思えないですね。

もっと、政治家は自己に厳しくあるべきでしょう。

それにしても、自民党のいわゆる偉い人と言われ
る人の中にはですね。
安倍首相の足を引っ張るように見える人が何らか
の形で登場するようです。

後だしジャンケンの石破茂氏しかり。
細田博之総務会長しかりですね。
せめて都議会議員選挙後に発言するぐらいの賢さ
は必要でしょう。

これは余計な観点ですが・・。

今回も徒然ながら、このように思うのです。

(スカッとした青空のような政治を期待します。)

豊田真由子 モンスター

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。