6月FOMCで、FRBは政策金利を現状維持へ、でも、将来の利下げへの含みあり・・円高へ反応?

この記事は1分で読めます

ラビカリです。

今回は将来、と言ってもこの数か月内
あるいは年内ということになるでしょうけど。

株式市場へ資金が流れるかな?(米国の)
と思うこと。

FOMCが金利下げを示唆しました。

項目
1 6月FOMC
2 政策金利は?
3 利下げをにじませる
4 FOMC発表後の影響
5 日本市場へは?

6月FOMC

FOMC発表
・・FRBは金融政策を現状維持へ

FOMC:米連邦公開市場委員会
※ FRB:米連邦準備理事会

政策金利は?

変化なし、据え置きへ

利下げをにじませる

先行きの不確実性が増していることから
成長のため適切な行動は取りたい。
と声明文に記載。

パウエルFRB議長はこのとおり
「適切な政策の対応を取る」

将来の利下げをにじませています。

先は不明とはいえ、6月がなくても
7月のFOMCで利下げの文字は飛び出すかも?

今は米中貿易協議の行方とか
イランとのかかわりを見て、先に延ばした!

そんな感じがしますが、駄目なら
景気が悪くなれば、ヤルということでしょう。

FOMC発表後の影響

円高、ドル安へ、一時、1ドル=107円台
米国債(長期)上昇(利率低下へ)
米国株式市場上昇(続伸)

ただし、株価はすでに
「いずれ下がる」との見通しで膨らんでいたためか
大きな上昇はなし。

日本市場へは?

今、頭に浮かぶは円高へ進まないか?
ということ。
これ気になりますよね。

とはいえ
米国がこけて世界の景気が減速へ向かうと
これもイヤですし・・

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ウーマンラッシュアワー 村本大輔
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。