みずほフィナンシャルグループ・・デジタル通貨『Jコイン構想』って?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はみずほ銀行さんのトピックを取り上げたい
と思います。

なんと、みずほフィナンシャルグループさんは
来年、2019年3月にデジタル通貨を発行する!
と明らかにしたとのこと。

はじめは
「ヘエー、そうなの?」
って感じでしたが、概要を目に入れると
興味深いものがあります。

それも、従来の仮想通貨じゃないようです。

仮想通貨であれば
たとえば、リップル(XRP)などは
送金速度が速いって聞くのに・・。

それも、リップル社のリップルネット
X-Rapidで走らせれば
わざわざ自前で、作らずとも有効かと思いますが

・・というように
今、目を通している日本経済新聞の記事を見ながら
つい、あれこれと夢想するのです。

さておき
それはそれでいろいろと思惑はあるのでしょう。

自行、自グループへの集金力をアップさせたい
そんな思いもあるのかもしれません。

などなど、頭の中で膨らむものを
引き続き感じつつ
ともかくも、その絵姿を拝見すると
このようなものに映ります。

計画と言いましょうか、あらまし全体の名称は
『Jコイン構想』

何か、カッコイイですね。
頭に『J』が付くなんて
「日本で一番乗りだぞ」
って言いたいのでしょうか。

続いて、利用の仕方は
最初、スマホへ専用のアプリを入れる必要が
あるようです。

ダウンロードですね。

そして、実際、お店に入って決済する時は
QRコードを読み取って
「ありがとうございました」
となるしくみかと。

スポンサードリンク


また、大事な点はここでしょう。

価格は通貨1コあたり、1円ということ。

これなら、仮想通貨のように
価格の乱高下は起きないでしょう。

法定通貨とひもづけした!
いわゆるステーブル通貨と言えますよね。
※ stable・・安定した

さらに、ここで何とはなしに
仮想通貨と関連付けて話を膨らませると
テザーと似ているかもしれません。

でも、そうした類とは違いますよね
価格は固定でしょうから。

話を戻して
みずほフィナンシャルグループさんのデジタル通貨は
「何ぞや?」
との話を続けますと

銀行口座からのチャージや利用者相互の間における
送金は無料

ほかに
お店はお客さんから受け取るデジタル通貨の
法人口座への送金も無料のようです。

さらに給与振り込みの活用も視野に入れている
とあり、存外、大きく発展したりして・・。

その予測が外れていないのか
すでに約60の地方銀行も参加するとの話もあります。
(見積もりですね)

新しい時代の幕開け?

もしかすると
年明けとともに、銀行の新しい動きが
目を引くことになるかもしれない!

そんな印象を持ちますが
ご覧の方々はいかがでしょうか。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。