社民党の党首はもの言えない吉田忠智氏! 辞意は撤回しても国会には行けない! 福島瑞穂氏、又市征治氏の尻ぬぐいか?

この記事は1分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
落選党首に関して。

国会議員でなくともですね。
政党の党首は務まるようです。

社民党は9月1日に参議院選挙落選の吉田忠智氏
を党首して認めた!
とあります。

当初、同氏は辞意表明したようですが社民党の
党首の要件では必ずしも国会議員である必要は
ないとのこと。

それで留任となったようです。

辛口の見方をすると代わりの人材もいなかった。
そうした背景があったからかもしれません。

結局、吉田忠智氏は辞意を撤回へ。
社民党党首の肩書だけは手元に残せそうです。

ただ、傍から見ると国会議員でもない党首の言
うことを、党員、特に現職の国会議員が素直に
耳に入れるのか。
という疑問もありますけどね。

ともかく、同党の再建を目指すのでしょう。

しかし、今回の参議院選挙で社民党は比例代表
わずか 1議席です。

どん詰まりの状態でどこまで奮起できるか?
ちょっと意地悪な見方だけど、見ものです。

また、同党の福島瑞穂氏、又市征治氏の両人に
よって相当泣かされるのではないか?
と思えたりもします。

何と言ってもですね。
落選者は国会に登院できないのですから。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。