民進党のロゴはいいね! でも岡田・枝野ラインは変わらず! 日本の政党の中で支持率上向く?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
民進党について感じたこと。

政策的には迷走しているイメージ。
これしかありませんけど。
ロゴはいいですね。

何かスッキリした感じで、かつ文字が太くて
頼りがいがありそうでいいじゃないですか。
あとは政策・・中身ということでしょう。

項 目

1 民進党の人事
2 サプライズ人事はどう?
3 民進党のワカラン方向性

民進党の人事

でも、その中身いまだ二つの政党の合流した
形としては定まらぬ様子。

 代表  岡田克也
 幹事長  枝野幸男

ここまでは決まったのはよかった?
でも、あとがまるでダメ男ですね。

代表代行はお互いに美しき(?)譲り合いの
心を示しているとか?どうとか?こうとか?

松野頼久議員と江田憲司議員のお二人のこと。

このあたりはもっと前に決着しておくような
話にも見えます。

深謀遠慮でしょうか
何であれ煮え切らないものを感じます。

続けて、党組織への思いは如何にという点で。
言葉を並べてみます。

既に、党の名称はですね。
「維新の党」側に軍配が上がったような形で
落ち着いています。

ですが、この人事を見る限り。
岡田・枝野ラインの布陣から。
「民主党」が「維新の党」を吸収合併したと
しか見えません。

こうなると「維新の党」出身議員はよくある
吸収合併された会社の社員同様、人事的冷遇
いわゆる冷や飯食いの部類に入った?

すると党内での意思決定の発言力も低下?

そんなことをですね。
憶測ながらもフツフツと頭に浮かぶのです。

で、いずれは再び不満噴出?
こういうのは「維新の党」の人は得意か。
過去歴ありますからね。

深読みしすぎかもしれませんけど。

今、どちらが代表代行を受けてもですね。
後々、騒動発生時には混乱に巻き込まれる?
そんなことまで先読み、様子見のために代表
代行に就くことをためらっている?

と妙に勘ぐってしまいます。

ともかくですね。
党を早く起動させ軌道に乗せたいならです 。
さっさとどちらでもよいから受けたら。
と思いますけど。

こういう考え方はダメなんでしょうか。

サプライズ人事はどう?

そこで、お二人が遠慮を続けるのであるなら
ですね。

もちろん、代表代行は「維新の党」出身者が
岡田代表の意向に沿ったものでしょうけど。

ここは思い切ってこちらはどうでしょう。

国会で安倍総理に挑んだ『保育所落ちた日本
死ね』の山尾志桜里議員です。

国民の歓心はともかく、関心を抱くものには
なるでしょう。

どうでしょう?

こんな感じで外野で好き勝手に言葉を重ねて
いますがインパクトのある人事を期待したい
ものです。

【山尾志桜里議員】
24日14:00過ぎの報道では政調会長に
なっていましたね。
『保育所落ちた日本死ね』の論功行賞
かもしれません。

民進党のワカラン方向性

ところで、ロゴは素晴らしいと思います。

ですが、共産党との連携はですね。
このロゴの精悍さを損ねませんか?

参議院選挙に限らず、衆議院選挙でも協力を
するような話が出ていますけど。

実際はどうする?

こうなったら将来・・一心同体?
また、ロゴ変えて今度は『民進共産党』?
それとも『共産民進党』?

さらにいっそのことですね。
皆、兄弟として『共産党』一本化へ!
そっちへ向かいます?

いろいろと憶測いっぱいになります。

とにかく「民進党」は不思議な政党、集団。
その点で多くの人々が納得するでしょう。

今回は徒然ながらもこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。