米国はメキシコからの乗用車輸入、数量制限へ! 自動車の株は下落する?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は米国とメキシコのNAFTA関連での話に
ロックオンしてみました。

トランプ大統領は納得した?

米国へのメキシコ生産の乗用車輸入に関して
「いっぱい来たら、規制かけるよ」
・・で、手を打ったようです

基本、乗用車の輸入量がある一定のラインを
超えると
米国は最大25%の関税が適用可能とする!

それで・・合意をした様子。

しかも、2017年度の実績を見て
その40%増し、240万台を上限とするもの。
事実上の数量規制でしょう。

ここで大事な点は、日本の自動車会社が
メキシコに進出!
工場を建設、乗用車を生産している!
ということ。

ですが、その進出の勢いも
減退するのではないでしょうか。

今以上の自動車製造の中心として
力を入れることはなくなるかもしれません。

なぜなら
今後、米国へバンバン車を売りたかった
思惑がオジャンですから。

売れる道が
狭くなったわけです。
今後、自動車会社はどこへ向かうべきか
思案のしどころでしょう?

となると、日本の自動車株は下がるかも・・。

そして、日本からの輸入そのものにも

数量規制?

これは困りますよ。
自動車産業はすそ野が広いのです。
かなり影響を受ける可能性があります。

この点からも注視でしょう。

最後は、少々、暗い印象を持って幕引き
となりました・・けど。

今回はここまでです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。