民進党【蓮舫】氏の二重国籍にかかる虚偽の連発! 結局、国会議員の国籍出自は基本国民には分からないということか?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
ずるい人、謝らない人に関して。

民進党の蓮舫氏はいかなる人物なのでしょう。
くどいがこの人は謝らないようですね。

二重国籍に関し、結論的な言葉はこれ。

二転三転のイメージを与えてしまったことは
率直におわびを申し上げる!

ご本人はこれで終わりにしたいかと思います。
が、民進党がよく使う言葉の「国民」の多く
はですね。

これでは納得しないと思うのです。
この部分で謝罪すべきでしょう。

1

虚偽の言葉をくりかえしたこと 

2

ウソついたこと


こちらのTwitterのつぶやきはですね。
多少割り引く部分もあると思いますけど。
よく表しているでしょう。

ですから、この部分でごめんなさい!
とすべきでしょう。

しかし、この人、絶対謝罪しないです。

名字は「謝」さん。
となるらしいのですが、謝りははないですね。

一人の小市民の存在から見ると多額の俸禄を
国家から、日本から歳費という形で2,000万
円以上の金額を受けながらです。

実は、もう一つ国籍がありまして、そちらも
identity を感じるところと居直れる姿。
それがとても不思議ですね。

しかも、挙げ句の果てには台湾を通り越して
「一つの中国」論を振りかざし、自身は二重
国籍ではない!

スポンサードリンク


『私、生きるためには何でもするよ!』
ということなのでしょうか。

こちらのTwitterのつぶやきもすごい!です。

こうした蓮舫氏の一連の姿を見れば保身術に
長け、あっぱれ!
との言葉しか見つからないですね。

民進党が蓮舫氏を選ぶのは、民進党の勝手と
言えばそれまでですけど。

国の政治の奥深くまでかつての前身の民主党
時代に閣僚として関わっていた!

それを考えるといかがなものか?
と思うのは自然でしょう。

いったい民主党政権時代、蓮舫氏は二重国籍
の立場で、日本と台湾あるいは大陸の中国と
どちらに重きを置いて政務を行っていたのか。

とても気になるのです。

そのようなグレイな部分に民進党は何も表す
ことなく、マスコミも報道しないようなので
蓮舫氏のみならず、民進党の不可解さが増幅
されるだけでしょう。

とは言いつつも、小市民の一人の戯言にしか
民進党の議員さんには伝わらないと思います
けど。

今一度、真摯にものごとを考えて欲しいばか
りですね。

特に、ここまで大きく世間に触れる話になる
のであれば、国会議員の国籍出自は明らかに
する!

これは大事でしょう。

未だ引きずる蓮舫氏の二重国籍騒ぎを見つつ
徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。