公民権停止が解けた鈴木宗男氏とおめでた妊娠の鈴木貴子衆院議員に関して触れています!

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今回はですね。
元政治家というか。
5年の公民権停止期間が終了した鈴木宗男氏。
「次の選挙に出るのかなあ」と野党がいぶかしげ
に見ている話題からですね。
頭に浮かぶことをランダムに。

まずは唐突ながらも。
鈴木宗男氏の長女・鈴木貴子衆院議員から。
この方、今、おめでた!
9月中旬の出産予定とあります。
まずは喜ばしいことでしょう。

ただ、いくつかの報道・メディアから流れるもの
を見ると、同議員に対し祝福の肯定的な声がある
一方、ネガティブなものもある様子。

で、そのネガティブなものに心を痛めているとも
あるのです。

ちょっと拾うと、こういうものですね。
「任期中に妊娠なんていかがなものか」
「公人としての自覚がない」
「職務放棄か」

まあ、近視眼的に見れば。
同じ職場で女性が抜ければですよ。
その補完を誰かがしないといけないわけですから。
同じ賃金で仕事が増える状況を是認するのか!

あるいは同一職場で複数の女性が妊娠で抜ければ
残った男性社員などに負担が集中する!

といった考えの表示かもしれませんけど。

確かに、言わんとすることもわからないでもない
ですが、女性が社会進出するということは。
そうしたことも寛容に受け止めていかないといけ
ないのでしょうね。

ただ、残された者が気張ってやれ!というよりも
職場が考えないと。
いけないこととは思います。

ですから。
世の中、社会全体でつり合いが取れればよい!
とした雰囲気の醸成が必要な気はしますね。

とはいえ、個人レベルでは不満が残ることもある
でしょうけど。
でも「うーん 難しい」仕方ない!
と思うのですよね。
男と女がいるわけですから。

とりとめなくですけど。

続いて、鈴木宗男氏に関して。
公民権停止の期間が過ぎたのだから。
こちらもいろいろな声が上がっているようです。
こちらもね。
再び「新党大地」などから立候補したいなら。
「それで、いいんじゃない」と思いますね。

選択は有権者が投票で決めればよいのだから。
出るな!出てよい!などという言葉はですね。
意味がないでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。