今村岳司・西宮市長、「殺すぞ」はまずかったよね! でも、そこまで怒らせた新聞記者にも問題はないのでしょうか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

暴言だけど・・

西宮市長、「殺すぞ」はまずかったよね。
でも、新聞記者にあれだけの言葉を投げかける?

それって、相当、新聞記者に対してね。
腹に据えかねるものがあったと推察されるのです。
西宮市長、今村岳司氏の発言に関して。

今から語る見方は少数派と思われますので、もしご覧に
なる方がいて怒りを感じたらスルーしてください。
当方は単純にものごとは結果があれば原因があると考え
るだけですので。

ということで、続けますと。
この方、一年ほど前にも未成年時の喫煙の経験を中学生
に語ったとかで、とやかく言われていたように覚えてい
ます。

ただ、新聞記者はじめ報道関係者を中心にした批判的な
責めを受けなければならないほど、今まで何か悪いこと
問題を引き起こしたのでしょうか。

確かに、暴言はよろしくないと思いますが、今村・西宮
市長があそこまで激高したと思われる表現を用いる!
それは、それだけ新聞記者側に問題点があったのでは?
と思うのです。

その点は新聞記者の皆さん、どのように捉えているので
しょう。

暴言を受けたのは読売新聞の記者とありますので、読売
新聞から読み進み、次いで神戸新聞、毎日新聞、朝日新
聞と目に入れてみました。

いずれも今村・西宮市長「憎し」とはいかずとも、この
際「大いに叩いてやるぜ!」といった意気込みを感じる
ものに仕上がっているようです。

もちろん、趣旨は暴言、許すまじでしょうけれど。

また、神戸新聞では今村・西宮市長と読売新聞記者との
やり取りも載っていまして、その中の表現を読み取ると
ですね。

読売新聞記者が今村・西宮市長の休みの日に、取材の意
図なのか同市長の自宅、私有地にまで入り込んでいたと
思われるものがあります。

これって、いかに報道にいろいろと自由があるとはいえ
やりすぎの感も受けるのです。
しかも、当該新聞記者はこのように言っていたようです。
普通のことです、僕らからしたら。」(4日の神戸)

私有地に土足で踏み込むことが普通なんでしょうか。
残念ながら、いずれの場合も現場に居合わせたわけでは
ありません。
ですので、これ以上の言葉を持ちませんが。

とはいえですよ。
新聞記者側にも人を怒らすことをしてしまった!
そうした自覚を持つ!
あるいは、人が気分を害するとはどういうことなのか!

それらを一度、考えるべきとも思うのです。

もっとも、今回の現象というか、報道に表れたものを。
当方のような受け止め方をしている人は少ないと思いま
す。
それゆえ、当方の言など、賛同を受けることがないマイ
ノリティの言葉とは思いますが。

さりとて、暴言だけで正誤の判断に進まないことを望み
たいものです。

今回もこのように徒然ながら思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 裁量労働制 営業
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。