山尾志桜里議員のヤジは低俗にアップグレードへ? 安倍首相に「器が小さいんだよ」と言葉の暴力化へ進化?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
今朝の衆議院の法務委員会での映像を見て。

審議の内容は「テロ等準備罪(共謀罪)」で知ら
れる「組織犯罪処罰法改正案」です。
いよいよ審議が始まりました。

山尾志桜里 器が小さい

しかし、いきなり凄いできごと。
国会議員の発する言葉です。
もちろん、例外中の例外でしょう。

で、話題の主体は民進党の山尾志桜里議員。
何と、こともあろうに安倍首相が答弁中にですね。
ヤジを入れたのです。

ただ、ヤジという行為だけであれば。
いつものこと。
ですから「ああ、また」でそれほど驚くことでも
ありません。
そして、山尾志桜里議員が持つ行儀悪さで片付く
と思います。

しかしですね。
今回は品性の悪さまで突出して出現してしまった
様子。

山尾志桜里 器が小さい

これはひどいでしょう。
国会、この場は衆議院ですけど。
質疑質問でのやりとりとして許容を超えていると
思います。

冷静に興奮しないようにすべきでしょう。

器と言えば山尾志桜里議員自身どうなのでしょう。
「ガソリンタンク」の大きさはかなり大きいもの
になるのでは。

また、噂のコーヒーは。
そのカップの大きさはいかに?

揶揄するつもりはない?
いや、既に揶揄していましたが、そのように見え
てくるのです。

要は叩けばホコリが数多く出てくるかもしれない
方です。
でありながら、自らを棚に上げて増長した姿を
見せることはよくない!
そういうことですね。

ただ、安倍首相は淡々と冷静に落ち着き、余裕を
もって応じていました。

また、言葉遊びのように山尾志桜里議員の「ぱら
ぱら」やら「そもそも」の言葉が出ていましたが
当方としては、なんとも非生産的に見えるやり取
りとしか見えないのです。

議論の仕方としては残念です。

山尾志桜里 器が小さい

それにこの方このようにも触れていました。
共謀罪法案は百害あって一利なし。
組織的犯罪集団と絞ったふりをしても「一般市民」
が対象となるので廃案を求める!と。

どのように捉えてもです。
山尾志桜里議員が指す「一般市民」が普通考える
「一般市民」「国民」には見えないのです。

山尾志桜里議員の指す「一般市民」はですね。
もしかすると普天間とかで騒いでいる人を指して
いるのではないでしょうか。

それであれば改正案の「テロ等準備罪」も該当し
てくるでしょう。
決してよき行為には見えませんから。
心配することもわかります。

が、普通に考える「一般市民」「国民」は該当し
ないのではないでしょうか。

ここで深呼吸して頂いて。
山尾志桜里議員もこの組織犯罪処罰法案改正案の
「テロ等準備罪」含めた廃案ありきではなく。
何を正せばよくなるのか、そういった視点を持ち
臨むべきでしょう。

あれでは単にケンカを売っているようにしか見え
ません。
民進党も山尾志桜里議員のやり方を放任している
とますます離党者が増えるとは思わないでしょう
か。

これでは嫌われ者の集団にしか見えないでしょう。

既に多くの人はこちらも承知しているのです。
・ 蓮舫代表の二重国籍疑惑
・ 辻元清美氏の「三つの疑惑」
・ 今回の主体の山尾志桜里氏のガソリン疑惑
他にもいたと思いますけど。

どんどん落ちていくだけではないでしょうか。
当方が心配することではありませんが、支持率も
産経等の報道メディアから6.6%あるいはそれ前後
の数値が表れていました。

もう、国民政党を標榜する状態ではないでしょう。
山尾志桜里議員はじめ民進党が善行に努められる
ことを願うばかりです。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 財務省 改ざん
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。