都知事選に出るのかな、令和八策も興味深い!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

都知事選に出るのかな、令和八策も興味深い!

・・です。

令和八策というものがあるそうです。

どういうものか・・、大きく捉えると
日本第一党の桜井誠氏が唱える政治スローガン
と言えるものでしょう。

八つありまして、並べてみると、このとおり。
(趣旨と思われるものを展開します。)

● 都民を豊かにする
● 都民を守る
● インフラを立て直す
● 労働者を守る
● 弱者を救う
● 文化を守る
● 教育を正す
● 賭博と戦う

決しておかしなものではないと思うのですが
どうでしょう。

たとえば
れいわ新選組と比較すると
そっくりそのまま方向性が同じではありませんが
大方この社会をよくしたい!
その点では一致しているのではないでしょうか。

もちろん、ほかの既存の政党の多くと比べても
ザーッと見てですが・・同様かと

ただ
この令和八策に対し、反発する動きもあるようで
それは桜井誠氏が日本第一党の党首であること。
これが起因しているようですが・・

スポンサードリンク


過去歴が激しいものに映るからでしょう。ただし、語っている内容はさほどおかしいとは思いませんけどね。日本人と外国人を比較すれば、この日本では日本人を優先する考えは普通でしょう。米国でも同じと思いますからね。

どうやら、令和八策の個々において

たとえば
『賭博と戦う』で桜井誠氏は
パチンコ、カジノの存在を強く否定しています。

ですので、この部分で既得権益を持つ
あるいは
そうしたところから支援を頂戴している方々は
面白からぬことなのかもしれません。

また
『弱者を救う』、ここでは社会福祉を指している
ようですが、生活保護にも触れており
特に外国人生活保護支給停止と断じていることから
これまで受給していた外国人が不満に感じることは
想像に難くありません。

さらに
『都民を守る』では
不法外国人の半減、不法な在留資格取得の根絶を
謳っています。
こうしたいくつかの点から、反発があるならば
受けているのかもしれません。

ただ、こうした点も見過ごすことはできません。
『労働者を守る』において
現行の技能実習制度の問題点に目を向け

外国人が奴隷のような扱いを受けていないか
そのようなことがなきように
規制を考慮した項目も見られるのです。

配慮ある姿勢ではないでしょうか。
同時に
桜井誠氏と彼が率いる日本第一党が
排他的な集団ではない証左にも映りますが
どうでしょう。

ともあれ
次の2020年の都知事選に立候補する!
そのような話にも映ってきますので
これからも注視したいかと思う次第。

今回は初っ端、感ずるところを表してみました。
ここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東芝 白物家電
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。