外務省は森本康敬釜山総領事へ帰国命令を出す! 外交は国益を考えた指導に従うべきとした戒めか?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
外務省が森本康敬釜山総領事への帰国命令を出し
たことに関して。

何と言ってもですね。
政府の判断することに異を唱える!
これは組織人、公僕としては不適切でしょう。

この方、確か 2月の初め頃ですね。
仲間内の会食で一時帰国を決めた安倍首相はじめ
官邸の判断を批判とした記事がありましたから。

そうしたできごとが影響しているのでしょう。

たとえ、お酒を含めた飲食の場であろうとですね。

それを聞いた韓国人に対して。
日本政府と違ったメッセージを与えることになる!
そうした可能性もあるわけで外交を担う方として
は不適切でしょう。

ところで、森本康敬氏は「ノンキャリア」の専門
職採用者とあります。
韓国語が専門とありますから、結構語学の関係で
周辺には強い態度を示していたかもしれません。

なぜなら、言葉がわかるのですから。
これほど強いことはないでしょう。

そして、言葉を通じる範囲が多くなれば。
どうしても韓国人の知己も多くなるでしょう。

ですから、政府方針が韓国側に強いものになると。
これは「困った」「嫌だなあ」と相手である韓国
人に言いづらい場面も生起したのではないでしょ
うか。

まあ、そのあたりはこの方が総領事の際。
総領事館前に置かれた慰安婦像撤去にどれぐらい
力を入れていたか。
それを検証するとわかるかもしれないですね。

ちなみに今度の総領事はですね。
現在ドバイ総領事の道上尚史氏とあります。

こちらはキャリア組です。
おそらくは、森本康敬氏よりは韓国語は堪能では
ないでしょう。(専門家との比較の場合。)

(普通の人よりはできると思います。)

すると、その分余計なしがらみがないので韓国に
はっきりした物言いができるかも。
もっとも、これは憶測です。

ともあれ、今回のできごとは外交は国益を考えた
政府の指導に従うべし!とした戒めに見えます。

当然でしょうけど。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。