「日本死ね」「ガソリン女」と揶揄される山尾志桜里議員が目指すは何? 興奮とパブリックコメントでの混乱か?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
昨日17日の衆院予算員会での審議。
ちょうど午前だったでしょうか。

質疑者は「日本死ね」「ガソリン女」と揶揄
される山尾志桜里議員。

この方、よくあれだけ騒げるものと驚きです。

そして、物言いの激しさ、かつ高慢な姿勢を
よくぞあそこまで。
多くの方は呆れるでしょう。

あれが質疑をする側の姿勢でしょうか。
おそらく、ご本人はテレビに映ることを意識
してのこと。

有権者に対してですね。
懸命な姿をアピールしているつもりでしょう。

見る側の 1人からすれば、何かイカレタ人が
衆議院の場で雄たけびを上げている!
そのようにしか見えないのです。

いきなり、これですからね。

 保育園落ちた
 日本死ねを
 紹介してから
 約1年が経ちました

いきなり「死ね」ですか。

イヤミ攻撃なのか、その判断付きかねますが。
一般的な社会でこのような物言いで始まれば
まずお仕事のお付き合いはできないですね。

まさに憎まれっ子、世に憚る。
ということでしょう。

とにかくですね。
この方の質問の仕方というか。
その流儀は常軌を逸したものと言えそうです。

この人、元検事でもあった!・・と。
さぞかし、強圧的な検察官ぶりを発揮したの
でしょう。

怖いものです。
不思議なことに、いわゆる組織犯罪処罰法
共謀罪に関しては何を怖れているのか反対
のみの主張多し。

過去検察官、検事として強圧的にものごとに
あたってきた?
ですので、民進党の一員として今後何かしで
かした時への不安があるのでしょうか。

一般的に、平凡な生活を送る普通の人は何も
怖れる必要のない内容に見えますけど。

というようなことを頭に持ちつつですね。

安倍総理に投げかける「質疑と名を変えた!」
激しい物言いを取りあげてみます。

録画映像を何度も見るとこんな感じでしょう。

1 事務方に聞かなくて結構です。
2 わからないんのですか
3 自白したことになります
4 塩崎大臣に答えさせたらおかしい
5 大臣答弁やめた方がいいです。
6 総理お答えください
7 総理にしか答えられない
8 わからないんですか
9 事務方耳打ちしないでください

これは一部ですね。
この他にも多々あるのです。

とにかく、キイキイとよくケンカ腰でしゃべる
方です。

余りの激しさに質疑の継続が怪しいと判断した
のか。

浜田委員長が速記を一時止めさせるほど。

ですが、安倍首相はとても穏やかでしたね。
答弁の位置に立ち開口一番!

そんなに興奮しないでください
これはさすがでしょう。

続いて、相手を諭すようにこのように続く
のです。

『委員会というのはですね』
『質問者が答弁者を指定するのではなくて』
『念のためにお伝えしておきますが』
『委員長が委員長としての職権で』
『指名するわけでございます』

この種のことで、勝敗を付けるものではない。
それは承知しつつもですね。

やり取りを見る限り、安倍首相の器が大きく
見えるのです。

結果、山尾志桜里議員の負け!
どうしてもそう見えるのです。

これは多くの方も同じではないか・・と。

民進党を悪し様に表したくはないけど。
どの質疑者も、たとえば 玉木雄一郎議員。
また、福島伸享議員。

質疑の仕方が荒々しく、威勢はよいですね。
でも、中身はあるのでしょうか。
何かヤジめいたものにしか見えないですね。

もっとも、言葉丁寧に見せかけているところ。
それもありますけど、空々しい。

というか、それを今聞いてどうするの?
そうした面もあるということ。

まあ、僕が感じ思うところですけど。

でも、あれを良しとする方たちがどれほど
世の中にいるのか。

国会は世間に問いかけて欲しい。
そんな思いもフツフツと湧きあがるぐらい。
ですね。

また、再び山尾志桜里議員に戻りますけど。
保育所に関し声を上げたものがあります

たとえば、子供たちが保育園に入れるような
社会があり、子供たちを愛する社会があって
子供たちは健やかに育つとした発言はですよ。

確かに望ましいものと思います。
でも、それを今から少しずつ具現化していく
話でしょう。

それができないなら子供たちは国を愛せなく
なる?

一足飛びにそこへ至りますか?
何か脅迫のようです。

何事もお金がかかる話です。
それにこの保育の問題、都会はそれが適えば
よいかもしれません。

ですが、地方はどうなの。

都会、地方は同じ土俵に立てるのでしょうか。
そこはまったく同じとならずとも、何らかの
整合性を図ろうとする時間も必要でしょう。

それに待機児童にかかる保育士さんだけ。
クローズアップされますけど。

世の中には児童養護施設もあるのです。
そうした部分にも目を向けて総合的に考える
べきと思いますね。

目先の選挙対策に見えることをばかり言われ
ても、その「赤誠」は見えないのです。

ましてや今、厚生労働省はこちらに関して。

保育所保育指針の全部を改正する件
パブリックコメントを求めているのです。

それを待ってからでも荒々しく言葉を国会で
まき散らすのは遅くないと思うのです。

今回も徒然ながら言葉を並べてしまいました。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 西宮市長 殺すぞ
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。