国会議員の「蓮舫氏が帰化し泣いた」発言! SNS等の不確実な情報ソースに基づくだけでは軽率に見える?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
情報の確定、不確定に関して。

SNS 等根拠に欠けた情報だけで言葉を発した
ことは公職にある者として、いささか具合が
悪かったというものです。

これのことです。

蓮舫氏が帰化し泣いた

自民党も焦っているのかどうか?
詳細は不明ですけど。
特定の個人の揚げ足取りみたいなこと。
それはよくないでしょう。

基本的に泣いたことの有無も含めてですね。

もっとも、当方は蓮舫氏はじめ民進党に対し
基本的に興味を覚えることはありません。

擁護しているわけでもありません。

ただ、必要以上のネガティブな対応もいかが
なものか?と思うわけです。

不確実な情報ソースのハナシからです。
わざわざ言わなくてもよいことまで。
言ってしまう。

ちょっと、今回は自民党が民進党の真似をし
たようなところが表れてしまった!

それが気になるということ。

そして、発言した議員さんが愚かに見えてし
まうのです。

とにかくです。
蓮舫氏が東京都知事に適任かどうか?

それは別として、立候補したあとは東京都民
の選挙投票で、結果が出る仕組みですから。
それを待てばよいと思うのです。

もし、自民党の思うところがですね。
蓮舫氏では東京都政に不安を感じるとあれば
対抗できる相応の人物を推せばよいでしょう。

「口撃」は無用かと。

また、蓮舫氏は父が台湾の人、母が日本人
と聞きます。

一説では母も中国から帰化した日本人。
との話もありますけど。
噂レベルですからね。
今回はそれは横に置きまして。

であれば、現在の国籍法であればです。
本人が22歳を越える時に国籍の選択を行う!
それだけのことでしょう。

ですから「選択」、帰化の言葉も該当しない
と思うのです。

【追記 2016.9.10】
蓮舫氏が生まれた当時は古い国籍法。
該当しないという話もあります。
当方、ここは解釈間違えました
「選択」はないようです。
手続きはやはり「帰化」の様子。

この手の余計な「口撃」は、かつて社民党の
党首が雑誌に書いてあることを材料に国会で
安倍首相にご家族(父親)のことを質問した
事例と似ています。

誹謗中傷の尋ね方ですね。

それと同じようなこと。
価値は見いだせない!でしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。