学校法人「森友学園」に関し鴻池祥肇参院議員の記者会見と共産党の小池議員の荒々しい姿勢を見て思う!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
今、話題になっている学校法人「森友学園」
のことです。

「森友学園」と言えばですね。
先日も触れましたけど。
教えている内容とその方向性は、賛同できる
というか共感の持てるところです。
個人的にはですね。

そして、今問題となっている土地取得がある
わけですが、何をそこに建てたいかと言えば
小学校を作るのです。
それも日本人が日本人であるべき道を進むと
した神道系と言われる学校です。

学校内には神社もアリ、日本の文化、伝統や
歴史をしっかり学んで愛国意識の涵養を図る
ようなものにしたい!
そうした意欲を持ったところのようですね。
ですから、それ自体は何ら問題ないのです。

ただし、先ほど問題としたのは土地の取得に
怪しいというか、おかしい面がある!
そのためかいろいろと取りざたされている!
そのように見えるのです。

そこへ、またですね。
「森友学園」と安倍首相夫妻が親しい間柄で
あった!

そのためか。

そこに付けこんだ。
主に民進党、共産党が安倍首相を連日、衆院
・参院両予算委員会で攻撃している姿が生じ
ている次第。

ということで、これらに関連し昨夜行われた!
参議院議員の鴻池祥肇氏の記者会見を見たの
です。

この記者会見で表されたものは「森友学園」
がお金を差し出し、便宜供与のことを求めた
とあり、また鴻池祥肇氏はそれをはねつけて
断った!
というものです。

第一印象として、同氏の言葉は真実に思えた!
まずはそれがあげられますね。

もちろん、個人感ですけど。

同時に「森友学園」の不正義というか不誠実
さが露わになったような気もしました。

やはり、お金に疎いのも経営者としては困る
でしょうけれど。
あまりに利に聡いのも考えものでしょう。

ただ、だからと言え「森友学園」におかしい
怪しい土地の取得の疑いはあってもですね。

同学園と売却側の財務省に何か問われるもの
それがあるというものでもなさそうです。

それはこれからの参議院予算委員会をはじめ
国会内で明らかにされるのかもしれません。

しかし、その追及の流れで共産党の姿は傲慢
かつ憶測の上に憶測を重ねたような攻撃の仕
方です。

民進党の印象操作を図るような質問と同じと
言ってもよいような追及ですね。

何が何でも「悪」ありき、政治家が財務省の
官僚に口利き、いわゆる便宜供与をしたので
あればその証拠を示して、追及すべきものと
思うのですが、そうではなさそうです。

挙句のはてに自民党の某事務所から手に入れ
た資料と称したものを片手に、証拠と言わん
ばかりに「どや」・・と。

安倍首相に詰問調子で問いかけているのです。

共産党 : 小池晃議員

この姿勢はどう見るべきなんでしょう。

しかし、安倍首相は共産党の小池議員の質問
に対し、資料の出所を含め明らかにして問う
べきと返していました。

まさにその通りでしょう。

確かに正すところは正す!
これは大事なところと思いますが、党利党略。
これのために民進党同様のやり方を共産党が
行なうこと。
極めて傍若無人な行為に見えてくるのです。

ということで、今回の鴻池祥肇氏の記者会見。
「森本学園」の土地取得問題を以前より鮮明
に浮き上がらせた・・。

ですが、同時に共産党小池議員の質疑の作法
の荒々しさもクローズアップさせてくれたと
言えるでしょう。

少なくとも自身はそのように感じるのです。

また、鴻池祥肇氏が語った。
「安倍首相ご夫妻も気の毒だ」とした趣旨の
言葉。
うなづくばかりでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。