北朝鮮・ロケットマンのミサイル・核実験を見る世界の動きから! 衆院選挙の党利党略で熱い野党政治家などは目を少々開くべきか?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
唐突ながら、日本は選挙の色が濃いせいか。
あまりトップの話題に挙がってこないようですが。

まもなく10日、北朝鮮の記念日がやってきます。
朝鮮労働党創建の日ですね。

これに合わせて、ちょっと前から弾道ミサイルの発射を
行うかもしれないと言われているのです。
(ロケットマンと聞くとピンとくる人が多いですね。)

たぶん、多くの日本人は自分自身の上に落ちてくるとは
考えていないでしょうけど。

一般論から言えば、そうでしょうね。

「北朝鮮もそこまで馬鹿じゃないだろ!」という見方が
多いと思いますから。

でも、わからないですよ。

今日の報道では国連で、北朝鮮と韓国双方の代表が核の
開発がらみで、ケンカと言ってもよい勢いを持つ激論を
したとありますから。

それだけ怪しい空気が立ち込めるほどのものが。
北朝鮮と韓国、そして朝鮮半島全体にあるのでしょう。

また、米国のトランプ大統領が『嵐の前の静けさ』との
表現を持って、記者たちの前に登場した話題もあります。

もしかすると、近々「軍事行動があるのか?」といった
憶測も呼んでいるとも。

さらには、ロシアの下院議員が北朝鮮を訪問した際。
米国西海岸を対象に、弾道ミサイルの発射計画があると
耳に入れた話も・・ですね。

とにかく、日本以外の国は北朝鮮の動き、その弾道ミサ
イルの発射に関して、強い警戒の念と関心を持っている
様子。(日本も関係機関はあるでしょうけど。)

本当はこれが普通なんでしょうね。

しかし、日本ではどうでしょう。
毎日、民進党、それから分かれたような希望の党、立憲
民主党の話題しか聞こえてきません。

また、これらの政党で、強く北朝鮮を意識したものを。
政策あるいは公約という形で発信しているところはある
のでしょうか。
内容の濃い薄いに関わらず、考えているのかな!
と思えるのは、自民党と幸福実現党ぐらいでしょう。

他に、かすった感じで、触れているものも。
あるかもしれませんが、国民と危機感を共有できるもの
はないかと。

とにかく、日本は世界が北朝鮮を脅威と見て動いている!
それは承知しておいた方がよいと思うのです。

防衛省・自衛隊とか、外務省、海上保安庁などは。
当然、応じた動きをしていると思いますけど。
特に野党政治家と日本の社会全般において・・ですね。

また、10日は冒頭で触れたとおり北朝鮮の朝鮮労働党の
創建記念日。
そして、日本では衆院選挙の公示日です。

別に日本は意図していないと思いますが。
あえてですね。
重なっていることを意識して、国民全体が北朝鮮に向か
い、どうすべきかを考え、選挙戦に臨む政党を見ては。
どうでしょう。

と、とりとめもなく、北朝鮮の弾道ミサイルに関して。
昼行燈に見える野党政治家、日本社会ををちょっと刺激
したいかと。

真に僭越ながら、恐縮の面持ちでありますが。

今回も徒然ながらこのように。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。