市民団体「愛国女性のつどい花時計」が民進党の【蓮舫代表】を告訴! 参院選で虚偽事実の公表の罪で来るものが来た感じか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

今回は、ついに来るものが来たのか
・・と感じたこと。

いわゆる「二重国籍」問題の件です。

民進党の蓮舫代表
市民団体に告訴されたようです。

スポンサードリンク

ウソをつくことはよくない!

まず
訴えたとされる市民団体のお名前は
こちらにあるとおり。

 愛国女性のつどい花時計

こういう名称の市民団体があること。

まったく知らなかった・・ですね。

とにかく
東京地方検察庁に訴えた!
・・とあるのですから
存在は間違いない様子。

その訴えた内容は

 国籍法違反
 公職選挙法違反

・・から発するもの。

大きく見ると
国籍を選択しないで
また、義務であることを放置。

その状態のまま
参議院選挙では虚偽を
あたかも事実のように表したこと

それに対するものでしょう。

この団体の言い分は
今のネット(Twitter等)にも
見られますが、多くの人々の
思いを代弁しているように見えます。

そして
一番のポイントは
すでに世間が知るこの部分でしょう。

蓮舫代表の
二重国籍状態での一連の経緯からです。

始まりはここから

 17歳において日本国籍を取得



続いてこちらへ

 国籍法に基づけば22歳の
 平成元年11月28日まで
 日本国籍か台湾籍の選択義務!
 これが必要であったにもかかわらず
 実際の選択宣言を10月7日に行った

これらの不可解な行動・・
疑惑はこれに集約!

さらに
蓮舫代表が世間、社会に対して
具体的に与えた影響はこれでしょう。

 国籍選択の義務を果たさずして
 選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」

虚偽事実の公表で
世間をかどわかした罪

これにあたるということでしょう。


基本的にウソをつくことはよくない。

これは一般社会というか
普通の家庭でも言われること。

ましてや
国会議員になり
権力者である総理大臣を目指すなど
と公言する人物には
あってはならないことでしょう。

ここは静かに
謙虚な姿勢を示すことが
蓮舫代表にとって
肝要なところかもしれません。

権力を志向する人物の今後の動きを
よく見ていきたいものです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松前 北朝鮮
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。