民進党の党内造反集団は活況を呈し集団離党の話題もあるらしい! でも、蓮舫代表が二重国籍疑惑を説けば特効薬じゃない!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
都議会議員選挙後の揺れているように映る!
民進党に関して。
集団離党をほのめかす声も上がっている?

どうもですね。
民進党の日和見な人たちが、これからどうしたら
よいのかと騒いでいるようですね。

もっとも。
蓮舫代表が辞任すれば民進党内の反発するグルー
プも落ちつきを取り戻すかもしれませんが、今だ
その立ち位置を譲る考えはない様子。

また、報道にも表れていましたが、集団離党して
新たな勢力を作るべきと血気盛んな人たちもいる
ようですから。
今後の紆余曲折は考えられるでしょう。

それにしても、奈落の底までとは言いませんが。
落ちていく斜陽の姿に民進党は染まってきた様相。

気の毒にも思いますが、ただ、それは党執行部の
姿勢次第でもあるでしょう。

都議選で、公認 7に対し 5議席でよしとした姿勢
では納得いかない!
そう思う民進党関係者は少なくないのでしょう。

もともとの都議選スタートのかなり前、4月、5月
では、その公認候補が多く「都民ファーストの会」
に流れた負の実績もあります。

その時点で選挙結果は敗北のようなもの。
ですから、7から 5で、ドヤ顔されたのでは。
「たまらん」ということ・・ではないでしょうか。

もし、ここで「私が悪うございました」と。
蓮舫代表が辞任なりの形を含め敗北宣言をすれば
また、違うと思いますが。

とにかくですね。
自らは生き残り、ほかはやむなし!とする姿勢に
離反を望む者の怒りと造反の思いに拍車をかける
だけでしょう。

でも。
民進党には申し訳ありませんが。
今はダシの切れたコブのような状態と思いますよ。

この時点で新たに裏切り組が続出しようと。
新たなグループで立ち上がろうとしてもですね。
さらには「都民ファーストの会」に逃げ込もうと。
もうダメです。

民進党に所属していたレッテルは消えません。
ネットの中ではしっかり追跡されている様子。

しかも、このレッテルは調子が悪くなると。
自己保身のため仲間を見捨て裏切る!
というものなのです。

今や民進党の党章は裏切りの紋章などと揶揄する
方もいますからね。
(これ嘘じゃないですよ。電車待ちの際の雑談で
聞こえてきました。)

ですから、民進党の方々は逃げ出すことよりも。
今の民進党を立て直して、誠の政治団体、政党と
して歩まれたらどうでしょう。

嘘をつく人。
国会で騒ぐだけの人は斬り捨てですね。
真剣に案件に立ち向かえる人を中枢にすえたら。
と、門外漢ながらも話の流れで、つい言葉にして
しまうのです。

また、蓮舫代表が同党を率いたいとするなら。
ここで蓮舫代表が「先ず隗より始めよ」と。
二重国籍疑惑に触れて、真に日本人としての存在
を明らかにすれば、民進党の評価は上がると思い
ますね。

仮にその手続きにおいて不備な期間があったとし
ても正直に説明し謝罪すれば。

日本人のよきところでもあり悪いところでもあり
ますが、多くの日本人は「水に流す」とした心情
になると思います。

そういうことには気が付かないかな?

嘘つく、騙す!という姿勢が、どうしても中国の
それと重なるのです。
もし、再生を目指すのであれば、これは避けて通
れないでしょう。

その他「三つの疑惑」の辻元清美氏、「ガソリン
・コーヒー」の山尾志桜里氏なども問われる疑惑
に誠実に答えればよいのでは。

とにかく、今の状態であれば、そのうち見向きも
されないことは必定です。

余計なことながらも。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。