怖いよ! 衆院『沖縄北方特別委員会』! 民進党の石関貴史議員の大声恫喝的な言葉「舐めすぎだよ!」などよいの?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
民進党の恫喝に見える動きの議員に関して。

これはびっくりしましたね。
今日の午前中の衆院で行われた『沖縄北方特別委
員会』のできごとです。

民進党 石関貴史

民進党質問者の石関貴史議員の姿勢はこれでよい
のでしょうか。

衆議院の委員会で、怒鳴り声をあげるのです。
今まで結構衆参含め国会の審議を見ていますけど。
こういう人物が国会議員でいることが不思議。

また怖いですね。

なぜ、議事、議論をするところで。
しかも、質疑質問を行う者が居丈高に怒鳴り声を
あげる必要があるのでしょうか。

「やってないだろ!」
「答えてくれよ!」
「舐めすぎだよ!」

はなはだ疑問ですね。
しかも、最後は一人でいきり立って質疑・質問を
勝手にやめるのです。

「ばかばかしいから、質問やめます」

いったい、何様でしょう。
答弁側の鶴保庸介大臣も言われっ放し!
弱弱しい印象はありますけど。

しかし、通告をしていない内容をいきなり答えよ!
これは酷と言えるかもしれません。

何にせよ!
この石関議員の傲慢さ!
見ている側の気分を害すること、はなはだしく!
この中継を見ていた多くの人は同感かと。

今まで民進党議員を見て「変だ!」。
それは多々あります。
ですが、これほど見る側を不愉快にする国会議員
も珍しいでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。