「説明責任」の山尾志桜里氏、立候補宣言か! でも、不倫疑惑の質問はぶっちぎる? 報道も偏っているように見えますよ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回は世の中不公平・・かなと思えること。

今日、22日、不倫疑惑で週刊誌などで大きく世間が
知ることになった衆院議員の山尾志桜里氏。
同氏が地元の支援者に向けて、説明会を行ったよう
です。

で、結局「無所属で立候補させてください」の様子。

中には謝罪の内容も。(丸めて趣旨のみ。)
「名前の出た弁護士の家族は辛く、嫌な想いをした」
「生活に支障が出ていると思われます。申し訳ない」

でも、都合が悪そうな質問には答えないようです。

ともあれ、同氏は支援者に出馬にあたっての説明を
行なったのかもしれませんが、いわゆる不倫疑惑に
関して、同氏がかつて強く主張した説明責任ほど。
果たしていないと思うのですが、どうなんでしょう。

もう。ここまできたら、本人も支援者もマスコミも
「ええやろ」「ええんちゃう」ということですか。

このまま淡々と立候補することを認めるのでしょう
か。
それなら、マスコミも人を選んで攻撃する!
そのようにしか映りませんけど。

なぜなら2016年2月、当時、自民党の衆院議員であ
った宮崎謙介氏を元祖ゲス議員のように扱っていた
と思います。
しかも、議員辞職まで追い込んでいました。

山尾志桜里氏はその急先鋒の一人ではなかったでし
ょうか。

であれば、辞めなくてよいのでしょうか。
それとも、それには至らない。
完全潔白なんでしょうか。

さらに、民進党ならよいのでしょうか。
もっとも、今は離党していますから。
無所属でしょうけど。

でも、辞任しなくてもよいし、再出馬もOKって。
「どんなの?」と思うわけですが。
世間の人々はどのように受け止めるのでしょう。

スポンサードリンク


宮崎謙介氏の行動がよかったというわけでもありま
せんが、この差、違いを見ると。
世の中、マスコミともども民進党に甘く!
民進党に関わった議員にとても寛容に見えるのです。

もう少し、はっきり言えば、民進党関連議員だけ。
何をしでかしても、その後も大きなとがめなし!
それでスイスイと次のステップに進めるのは。
なぜ?

この感じでは、どうしても不公平に見え、不公正に
見えるのです。

説明責任を果たして、週刊誌が捉えた画像への申し
開きを行っていれば別でしょうけど。

そもそも、基本的に不倫疑惑、その行為にしても。
関係者相互とその家族で、話合いをして解決すれば
よいと思うのです。

ただ、この山尾志桜里氏、他の同様な疑惑が生じた
際、真っ先に槍を持って騒いだ口でしょう。
特に宮崎謙介氏の時は。

説明責任 山尾志桜里

だから、おかしいのでは、と思うのです。
他人に厳しく、自分には甘い!と。
そういう方が、引き続き高額の歳費を頂戴できる!
議員を続ける機会を得てよいのか?
ということですね。

他にも、ガソリンやらコーヒー代として表れた政治
資金の謎もしっかり解明されていないでしょう。
秘書のせいになっていますけど。

ですから、他所様の疑惑を追及するなら。
二人に一人ぐらいは納得するぐらいの説明を自己の
疑惑にも向けるべきと思うのです。

あとは選挙区の有権者の方々が判断すればよいので
しょうけど。
でも、理不尽には見えますねえ。

今回も徒然ながらこのように。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。