民進党など野党 4党の法務大臣不信任、上西小百合議員のつぶやき、「加計学園」の文科省文書は何? 政治屋パフォーマンス?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
法務大臣の不信任案の提出から始まる法務委員会
の流会と、うごめく政治屋さんに関して。

10:02ですね。
金田勝年法務大臣の不信任案を民進、共産、自由
そして社民の反対大好き野党 4党が衆議院に提出
したのです。

おかげで、法務委員会で行う審議はストップと相
成りました。

民進党 政治屋

困ったものです。

反対野党の 4党は何が楽しいのでしょう。
どんなに嫌がらせをしてもですよ。
18日には衆議院で不信任案は否決となるでしょう。

そしたら19日は結局、採決へ向かいませんか。

何か誠実さが欠けます。
野党の皆さんは自民党にいやがらせをすることで
生きがいを感じている!かもしれません・・けど。

タダで皆さんも国会議員さんをやっているわけで
はないでしょうから。
費用対効果を考えて仕事をしてもらいたいですね。

そこで、法務委員会の中継を見るための時間が空
いてしまったので、ちょいとネットの中を散策し
て見ました。

そしたら、面白いものを見つけました。
上西小百合議員のTwitterのつぶやきです。
5月15日の日付ですけど。

本当にこんなんでよいの?と思うような内容です。
(そのママ)
「赤坂にあるテレビ局のプロデューサーから連絡
があった。『共謀罪』について、どんな状況にな
っても貴方は法務委員会でベストを尽くしなさい。
ベストを尽くせば悔いは残らないはず。そうすれ
ばいつかメディアとクロスする事がありますよと。
勇気が出た。」

これって、じーっと見ていて思ったのだけど。
大きく二つ頭に浮かぶのです。

一つはそのまんまということになりますけど。
テレビ局のプロデューサーの言うとおりにやれば
あとでテレビに出して美味しい思いをさせてやる
ということでしょうね。
要はテレビ局あるいは同プロデューサーが『共謀
罪』に関し「委員会でひと暴れしてくれると助かる
なあ」「やってくれたら何かあげるからね」と。
そうしたことを指していませんか。

こういうのは・・。
たしか、会社が株主に「お金を渡すから言うこと
聞けや!」の利益供与と似ている感じがします。
どうでしょう。

そしてですよ。
それに対し「勇気が出た」と反応するのは、その
不正に「乗った!」と。
見ることもできるのです。

ちょいとマズクないでしょうか。
そのように感じるのです。

で、もう一つは赤坂のテレビ局からですね。
この内容で上西小百合議員に直で連絡が入ること。
これ自体、完全に同議員は該当テレビ局、同プロ
デューサーから舐められていると感じないのでし
ょうか。

何か、足りない人に見えます。

一方、土俵は違いますが、こちらは民進党。
玉木雄一郎議員が衆院文部科学委員会で質問した
安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計
学園」に関する文部科学省出所とする文書の件。

(朝日新聞と玉木雄一郎議員が出元らしい。)

蓮舫代表は安倍首相の疑惑は深まったと鬼の首を
取ったようにはしゃいでいますが。

これです。
「知らぬは総理ばかりなり。安倍総理大臣は
自分は関与していないとずっと言ってきたが
忖度・・特別の配慮の疑惑は深まった」

でもね。
部局と日付のない文書って、そもそも行政文書と
して管理されているものでしょうか?

行政文書ファイル、同管理簿にあるかどうか。
そこが大事ですよね。
なければ単なる私物のメモ扱いになりませんか。

何か、やっつけ仕事で、俺も、私も取りあえず。
議員として「仕事してます(のよ)」的なことは
そろそろやめた方がよいと思うのです。

ということで、細かいところは。
また、日々ウオッチしたいですね。
ともあれ、政治屋さんに見える議員さん・・多し!

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。