女性就業者が3000万人を超える! ほぼ2人に1人か?

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

女性就業者が3000万人を超える!ほぼ2人に1人か?

・・です。

さきほど日経ほか、報道記事をいくつか見ると
出ていましたよ。

女性の就業者は3003万人

この数値は総務省が発表(30日)した
2019年労働力調査に表れているもの。

しかも
男女就業者全体の伸びのほぼ9割を女性が
占めているともあるのです。

すごいですよね。

おそらく
これは専業主婦が新たに仕事を求め就いたため
その背景が大きいと思われるとともに

そのためか、個々の家庭においては
一概に喜ぶものばかりではないと察しますが

それでも女性の皆さんが
多く働ける社会が存在することは
30、40年前には考えられなかったわけで

社会の自由度が増した!
と個人的にはそのように見ています。

たとえば
平成30年2月の総務省概算データによれば
日本の女性人口は6497万人

ですから、3000万人の女性就業者は
大きく見れば、女性の2人に1人が
● 仕事を持つ!
● 仕事をしている!
と言えるのではないでしょうか。
(厳密に言えば、2人に1人弱でしょうけど。)

これはこれでよいことですよね。
女性の方々が多様な生き方を選べる時代になった
という証左にも映りますから。

仮に「非正規雇用が増えただけとか」
との声が生じたとしても、それは男性側も
同じでしょう。

また、そうした枠組みの方が便利という方も
少なからずいるわけですから
あまりネガティブに見なくてもよい気はしますが
どうでしょう。
(今回の3000万人超えの件、くどいですが。)

そして
もちろん、家庭で家事全般を取り仕切り
文字通り『家内』としての姿も
仕事としてありでしょう。
(今回の統計データに関係しません。)

これも立派な『お仕事』かと
個人的にはお邪魔するお宅の奥さんを見て
そのように捉えています。

基本、どの分野であっても
どれも、何か従事し、自分のため人のために
行動することに変わりはないのです。

と、何やらまとまらぬ表現も飛び出しましたが

ともあれ
「女性の皆さんも頑張ってください!」

と月並みに伝わる言葉ですが、これを置いて
今回はこれで終わることにします。

お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。