留学生のYOUに聞く「ここがヘンだよ日本の就活」から! 「時代の流れ」を考慮しても留学生に言われたから日本のしくみ変わる?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
たまたま目に入れた、YAHOOニュースのこれ。

留学生のYOUに聞く「ここがヘンだよ日本の就活」
盛りまくり自己PR・ES手書き主義…

※ 7月9日

まあ、言いたいことはわかる気もする・・けど。
このYOUというのは、ASEANからの留学生。
そちらが対象になっているようですね。

ただ、日本に批判的な内容というわけではありま
せん。
素直に異文化に触れた感想のようなものに見えま
す。

とはいえ、一歩間違えると。
かなりネガテイブに伝わりそうな内容ですから。
ちょいと防波堤的な思いで触れてみましょう。

まず、内容の基本的な趣旨はこのようなものかと。
要は日本の就職活動の面接などにおいて画一的な
人材を求めるようなものが多い!
と言いたいのかな!と解釈しています。

その背景などに関して思いを巡らすと。
留学生の皆さんが違和感を感じるのは、お国が違
いますし、育った環境も違うわけです。
ですから、様々なことを思う。
感じるは自由ですから。
それを遮るものではありません。

また、それはある程度、仕方がないでしょう。

ただ、こうしたものを日本の関係者が彼らの思い
として、単に紹介しただけなのか。
あるいは彼ら留学生自身が不満として持ち上げた
のか。

それによって、日本人の捉え方も変わるかな!
その点はちょっと気になります。

また、日本の関係者、留学生に近い関わりのある
人が表したものとしても。
その先の意図が何かで日本人の受け止め方は違う
でしょうね。

多くの日本人は基本的にアトから入って来た人に
自由にお任せという感覚はありませんから。

このまま、留学生の皆さんが言葉にしている。
その違和感を問題点として「受け入れましょう!」
とはならないとは思います。

やはり、郷に入れば郷に従え!
これは大事でしょう。

ただですね。
前衛的な企業であれば「そんな考えもあるか!」
程度で終わるかもしれません。

そこで、留学生の皆さんがいわゆる「おかしい」
と感じる一例を捉えてみると。
たとえば履歴書を手書きで書くとしたところ。
これが挙がるでしょうか。

おそらく、この部分は留学生の皆さんだけではな
くてですね。
日本人でも感じていることでしょう。
また、僕もかつてそうでしたね。

ですが、そこは単に書けばよいではなく。
そのような面倒なことでも乗り越えて当社に来て
くれるとか。
あるいは、会社組織のルールに従えるとか。
組織人としての素養を推し量るような部分もある
のですね。

単に個性が豊かだけ!
それだけでは会社で生きて行けないでしょう。

縦にも横にも人はいるわけですから。
そうしたものへの対応力、耐久性。
それらを見る部分もあるのではないでしょうか。

という具合に、今までの日本社会で様々な人々の
経験などが重なってできた!
ある意味、日本の文化とも言えると思うのです。

ですから、その入り口付近で、声を大きくしたり
はない方がよいかも。

「時代の流れだから」を考慮しても。
留学生に言われたから日本のしくみ変えるの?
ということは。

今まで日本を背負ってですね。
また現在の社会へけん引してきた人々からは。
「うん?」となる可能性はあると思うのです。

ましてやです。
どの組織、集団がこのような内容をわざわざ持ち
上げたのか、それはわかりませんが、入社を希望
する側が制度を批判するように映る姿は避けた方
がよいでしょう。

留学生 就活

挙がってきた背景は知らないので、あたらない点
もあるかもしれませんが・・。
今回も徒然ながらこのように思うのです。

ただし、思う、考える、感じるは自由です。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 北朝鮮 米学生
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。