「中国の日本攻撃」はじめリカルド・サラザール牧師の予言は続く! キリストの再来・・第2の福音へ?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はちょっと変わったものと言いましょうか
素朴に興味と脅威を感じてしまった
リカルド・サラザール牧師の予言に触れてみます。

はじめに
その予言のうち、2月のものは
あたらなかったようです。

そして
このアト、予言のいくつかを個別に取り上げ
お話したいかと思います。

ところで
本当かどうかわかりませんが
日本に滞在している話もあるとのこと。

そんなわけで、今、猛烈に
「何で?」
とモヤモヤ、ザワザワ感いっぱいに
させてくれる対象の方。

目 次
1 はずれた(?)予言
2 5月15日の予言
3 更なる予言
スポンサードリンク

はずれた(?)予言

それでは、最初に
リカルド・サラザール牧師の著名な予言を
広げてみましょう。

本当に当たるのかどうかは別として
まず、これが上がりますよね。

2016年2月に中国が日本を攻撃する!

でも
はずれています。
今のところ、日本は無事です。

尖閣諸島周辺海域に中国の船がワイワイと
押し寄せていますが
沖縄を含め中国軍が支配とまでは至っていません。

とはいえ
中国が日本を攻撃する可能性は2月に留まらず
これからも高まり、低くなることはない
と思いますが・・。

何かと、中国政府の発言はキツイでしょう。

ですから、今回はずれたとはいえ
生起する事象の見立ては間違いではない!
と思うのです。

たとえば
急にとても真面目(しんめんもく)になりますが

米国の報道の中には、この4月半ばに
中国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)
『東風(DF)41』の発射実験を行った
と、ありますからね。

怖いでしょう。

これの飛翔距離は14000kmなんですよ。
中国から米国まで30分ほどで到達が可能!
と表れているのです。

日本に向けようと思えば
その気になれば・・は、もちろん
その気にならずとも

誤射 でも

いくらでも弾道ミサイルを打ち込めるでしょう。

ですから
2月はあたらずとも
中国による日本攻撃の可能性は今後もある
と見てよいのでしょう。

否定は誰もできないのですから。

5月15日の予言

続いてのリカルド・サラザール牧師の予言はこれ。
これも「どうかな?」との思いが立つもの。

小惑星衝突

正直、当たっても困るし

でも
はずれたら
リカルド・サラザール牧師は予言者の資格(?)を
失うのでしょうか?

と、余計な詮索を覚えるほどの大きな予言に
映ります。

しかし、やはりはずれて人類のために
単なるホラフキになってもらった方がよいかも
・・。

ともあれ
予言はなかなか刺激的

5月15日から17日のいずれかの
・・現地時間午前2時20分

プエルトリコ沖合で
長辺径約9キロメートルの大きさの

小惑星が地球へ衝突

地球上の生命全体への影響必至と思われる事象が
起きるかもしれないのです。 

これによって、世界中に地震と津波が起こり
はじめに12億人が死亡とのこと。

「いやですねえ」
「困りますねえ」

とにかく、こういう注釈説明が付いていますよ。

” At 2.20am local time Puerto Rico time off the coast
a 5.6mile asteroid will impact.
It will cause earthquakes across the world
and tsunamis with initially 1.2billion deaths
before the figure rises ”

今日が5月14日ですから
時差を考え、仮に15日の午前2時20分

・・であれば
日本では15日の夕方近くが該当時間でしょう。

そして
この予言が当たるとすれば
明日の夕方には悲報が飛び交うか
自らが悲報の対象になるかもしれません。

いやいや、困ります。

この他にも、この予言の続きがあり
2016年6月、何をトチ狂ったのか

中国とロシアが手を握って、ルンルンと、
弱り切った米国に宣戦布告

第3次世界大戦が勃発 へ。

さらには

2016年10月25日
中ロ同盟軍は勝利する!

「何じゃ、こりゃ?」
というものがあるのですが
いかなることになりましょうか。

現実に起きたら、日本は終わっていますよね。皆さん、さよならです。

更なる予言

まだまだ、ありますよ。
続きますよ。

もう少し、このリカルド・サラザール牧師の
予言を探訪してみます。

2017年3月 中国の『元』が世界の基軸通貨へ
いよいよ、中国が世界を牛耳る?
と思えば

2017年末-18年初 ロシアがイスラエル攻撃
負けじとロシアも世界をかき回すようです。

さらに極めつけはこれです。

2020年
アンチキリスト(悪魔、災厄?)地球に到来
我々すべてを支配する!

「何なんだ、こりゃあ?」
と、荒唐無稽の世界に彷徨いだす思いですが
ふと、浮かぶものがこれですね。

クハンダ

なんとなく、似ていると思われませんか!

これには、まだ続きがあるのです。
終末の話がこちらになります。

2023年 キリストの再来か? 第2の福音!

ということで、ここに至ると
旧約聖書を読んでいる感じになってきました。

ノアの箱舟、再生ですか?
リカルド・サラザール牧師の予言の本質は
これでしょうか?

「うーん」
でしょう。

ともあれ
予言としてはとても興味深いですが
その内容のエグさと言いましょうか
激しさが、興味と少々脅威、緊張感を誘うのです。

それでは明日以降、変事が起きないことを望み
今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。