「うる星やつら」「らんま1/2」キャラクターとエースコックのカップ麺とのコラボって何?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はアニメのキャラクターから
引き込まれてしまった話題を取り上げてみます。

話題の主は高橋留美子さんの漫画、アニメ
とエースコックのカップ麺・・です。

アニメは以前から好きなこともあり
興味の幅が広くなるのです。

それでははじめてみます。

項 目
1 キャラクターとラーメン
2 企業努力も感じさせる?!
スポンサードリンク

キャラクターとラーメン

ということで
冒頭部でも触れましたが、ついつい
「へえ、そうなんだ」
と耳に入って来た話題から。

それが、こちら。
漫画家の高橋留美子さんと
カップ麺のエースコックさんの間で
コラボ的なチャレンジを行うとあるのです。

もう少しかみ砕くと
高橋留美子さんの漫画で描くキャラクターが
カップ麺に描かれ
新潟ご当地産品の製品として
12月7日から発売されるということ。

何気に、面白い企画と思います。
高橋留美子さんの描くキャラクターであれば
30代から50代の人たちには
好まれるのではないでしょうか。

なぜなら
高橋留美子さんの漫画、アニメを見ている
あるいは
見ていた人はそのぐらいの年齢と思うのです。

購買力のある年齢層でしょう。
ユーザー、消費者のターゲット層としては
狙い目かと。

そこでツイッターを見ても
この話題、結構にぎやかです。

ちなみにキャラクターはこちら。

『うる星やつら』
『らんま1/2』
とあります。

さらに
ツイッターに目を向け、あたってみると
歓迎するつぶやきが多数、目に入ってきます。

こちらは、特にわかりやすいでしょう。

ほかに、個人的な思いを表すと

めぞん一刻

・・もあると嬉しい気はしますが

この場合、シチュエーション的に
具合が悪いこともあるのでしょう。

何と言っても東京、東多摩あたりでしょうから
新潟にはマッチングしませんよね。

さておき
早々にパッケージのキャラクターに目が移り
中身はさほど言葉を持たないままでしたが
味に関してザクッとしたところはこんな感じ。

『うる星やつら』は醤油味なんでしょう。
あっさり醤油ラーメン
となっています。

続いて
『らんま1/2』は味噌味かと
濃厚味噌ラーメンですから。

また
高橋留美子さんが新潟出身であることが
このコラボの軸になっているためか

カップ麺のコンセプトは
新潟のラーメンをもとにしている様子。

当然と言われれば
「そうかな」
と、直ちにうなづいてしまいますが
ご当地ラーメンのカップ麺化と映ります。

企業努力も感じさせる?!

ところで
今回、エースコックさんが試みる
漫画キャラクターを挿入する商品のコラボ劇は
初めてではない!
・・とありますね。

既に
営業ラインを走っているものもある様子。

そこで
エースコックさんのホームページを見ると
カップスープの商品では「妖怪ウォッチ」と
コラボしたものを見つけます!

名称は、「妖怪ウォッチ」スープ。
しかも、シリーズになっています。

こちらも、この10月に発売へ。

その他
キャラクターではありませんが
あの「ワイルドだぜえ!」のスギちゃんも
ワンタンメンのCMで起用とあります。

何かと新しい試みをしている会社なんでしょう。
こちらも、興味を覚える次第。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 米大学生 北朝鮮
  2. 世相 雑学
  3. クハンダ 金正恩
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。