日曜報道 THE PRIMEを見て、三浦瑠麗氏よりも李相哲氏の方が光るよね!

この記事は2分で読めます

何か偏っているな!
と思うこと。

今回はこちら

日曜報道 THE PRIMEを見て、三浦瑠麗氏よりも李相哲氏の方が光るよね!

・・です。

テレビ番組見て、あれこれ出演者の批評を
するのは「いかがなものか」との思いも
あるわけですが

今回は少々、言葉に表してみましょう。

フジテレビの日曜報道 THE PRIMEって
番組なんですけどね。

個人的にロックオン状態となった話題は
● 韓国法相、曹国(チョグク)氏の疑惑
● 「あいちトリエンナーレ」の補助金なし

でしたが、特に後者に関して

三浦瑠麗氏は
何であんなことを言われるのでしょうね。

例の『あいちトリエンナーレ』内の
『表現の不自由展・その後』とある企画が
中止になった件でネガティブに映る発言を
したのです。

文化庁が補助金の不交付を決定したことに
問題アリと言わんばかりに触れていました。

「かなり異例の判断と思います」
・・とね。

文化庁が決定を下すまでのプロセスを含め
表した言葉とは思いますが

だけど
『表現の不自由展・その後』は
そのもの自体、かなり怪しい内容でしょう。

昭和天皇の御真影を燃やし
踏み付けている展示物
があったのです。

慰安婦像を展示したりも・・。

こんなものに対して
日本政府が日本人の税金をあてた
補助金交付に値しないことは
良識ある普通の日本人であれば
わかることではないでしょうか。

ほかに
三浦瑠麗氏は何気に萩生田文科相の姿勢を
批判!したげにも見えましたけど。

ちょっと間違った視点をお持ちの様子。

過去のツイッター内では
『表現の不自由展・その後』の芸術監督であった
津田大介氏と親交があるともありますが

もし
そうであれば、むしろ、正す方向で
その監督にサジェスチョンを提供すべき
でしょう。

加えて
同時に三浦瑠麗氏が今回の発言に至ったのは
推して知るべしとの思いにも至るのです。

そこで、少々くどいながら
津田大介氏に触れると
数日前にはこうした経緯もお持ちなのです。

『表現の不自由展・その後』が中止となり
そのアトの協議に関連し(25日)

大村知事から厳重注意を受ける

※ 「知事はどうなの?」もありますが・・。

そんなプロセスをも、持つわけで
愛知県側の関係者も問題アリとの認識で
一致していたのではないでしょうか。

それゆえ、三浦瑠麗氏、あえてこの番組内で
補助金交付を正当化する発言はすべきでは
なかったかと

つまり、よろしくなかった!
と思うばかり。

ここでさらに付言すると
同じ番組(日曜報道 THE PRIME)に
出演していた李相哲氏の方が

公平、公正な姿勢が伝わる言葉を持って
かつ、丁寧にわかりやすく
発言されていたかと

それゆえ、一段と光って見えたほど。

特に冒頭で触れた
韓国法相、曹国(チョグク)氏の疑惑に関し
その背景などに触れた部分は報道番組として
ふさわしいものと思うのです。

ともかくも
この番組久方ぶりに見ましたが
次回からも注視かと。

一人の凡人の視点、見立てに過ぎませんが
・・。
以上です。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 脳 扁桃体
  2. 監視カメラ INSECAM
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。