韓国のテコンVは日本のマジンガーZのパクリ? 意地はらなくてもよいのに!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はアニメキャラクター話を取り上げてみます。

韓国でのできごと。

韓国のテコンVと日本のマジンガーZ
似ているとか、どうとかで
裁判所で判断が出た話がありました。

結論は
日本のアニメ、マジンガーZのパクリではなく
韓国オリジナルで決まりへ。

ところが・・ですよ。

これはツイッターから詳しい方のものを
引用させていただきましたが
やっぱ、似てますよね。

どうなんでしょうね。
こういうものを見て育った人間の一人として

韓国でもこのように作られていたことに
(承知は何気にしていたものの)
あらためて驚くとともに

すでにかなりの時間が経過しています。

ですから、素直に、ここは似ている!
当時は模倣していた!
と言えば、よいと思うのですが・・

ダメなんですかね・・え。

その背景にある何か
プライドと呼べるものなのか
プライドもどきなのか

とにかく
曖昧模糊とした感覚が許さないのでしょう。

そのため、韓国の判事さんはもとより
多数か少数か不明ですが、納得がいかない
韓国民の皆さんもいて、生じた結果か・・と。

でもね。
「なんかなあ」
という感じ。

とはいえ、今回の件は基本、韓国での話。

パクった(と思われる)キャラクターの著作権を
持つところと、それをパクってオモチャを作った
会社の争いです。

それで、後者が負けた!
というだけ。

一方、日本では、今さら似ているか、どうかは
どうでもよいか・・と思いますが、いかに。

すでにパクられていたとの認識は
ドラエモン同様、ほぼ浸透している
と思われます。

ですから、日本の多くの賢明な方々には
韓国の半ば内輪もめ的な争いに
映っただけでしょう。

今回はここまでです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリです)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 監視カメラ INSECAM
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。