長嶋一茂氏「本当に迷惑をかける中国人の方は日本に来ないでください」は放言?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちらから
「これは別にいいんじゃない」
「問題ないのじゃない」
と思う、長嶋一茂氏の発言を取り上げてみます。

スポーツ報知でも取り上げられていましたが
「羽鳥慎一モーニングショー」で目に入ったもの

同番組に出演していた長嶋一茂氏が
中国でかつての『一人っ子政策』で生まれた
『小皇帝』の子供たち(『暴れ小熊』)が
ヤンチャであることを引き合いに・・

「親がバカだからね。はっきり言って。そこ以外の言葉は見当たらない。親がバカでアンポンタン。アホ!」
「とにかく、本当に迷惑をかける中国人の方は日本に来ないでください」

と発言したこと。
※ 『小皇帝』『暴れ小熊』は参照欄へ。
(羽鳥慎一氏は抑えにかかっていた感じでしたね。)

この背景は番組の中で表れていましたが
こうしたもの。

● エスカレーターの手すりを滑り台にする
● 自販機をこじ開けジュースを取り出す
● マンション階上からブロックを落とす
● ショベルカーを運転してフェンスを壊す

イカレテいますよね。
ヘタすると、死者が出るかもしれません。
子供のいたずらと言って笑えないでしょう。

・・と、犯罪的、あるいは犯罪行為に映るにも
かかわらず。

スポンサードリンク


長嶋一茂氏が先ほど挙げた発言に対して
スポーツ報知の記事の中では
放言
と扱っているのです。

これは記事としての面白さを増したい!
そんな感覚かもしれませんが
ここは「長嶋一茂氏、よく言った」では・・。

何か不思議ですよね。
基本、長嶋一茂氏の日頃の常態は知る由もなく
たまにテレビで見る姿しかわかりませんが

それでも、今回の発言は
「いいんじゃないの」
と思うわけですが、どうなんでしょう。

ちょっと、耳がピクピクしたのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

参 照

『小皇帝』
中国の『一人っ子政策』以後生まれた男の子。女の子は『小公主』の場合が多い。1980年前後から生まれた子供を対象にしつつも、明確なものはない様子。
『暴れ小熊』
『一人っ子政策』以後生まれた世代の子供たち・・との見なしが多い様子。早い話、しつけができない親の元で育った「とびっきりおかしい」子供と捉えた方がよいのでしょう。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 地震 SMAP
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。