北米の大陸横断の日食に続いて、ニビルの地球衝突か? しかし、衝突話は今までも何度もありましたが、今度は聖書と関連?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は「面白いなあ」と思ったことからです。

世の中には様々なお話がありますけど。
怖い話にも現実から仮説・仮想まで幅がある!
ということ。

北朝鮮の弾道ミサイル発射のようにですね。
現実にいつ起きてもおかしくない怖い話もあれば
ですよ。
少々奇想天外な地球衝突の話まであるのですから。

で、今回はその奇想天外に見えるものに関して。
目が留まりました。

それは、奇想天外に映る対象は、惑星『ニビル』。
最近ではそれほど珍しくないので。
「ああ、あれ!」とうなづく人も多いとは思いま
すが。

この『ニビル』が地球に衝突する話が、また沸騰
しているようです。
ネットの中での話ですけどね。

ニビル 地球衝突

そして、出元は「おっ、やっぱりね」
とつい思ってしまうトカナさんですけど。
ここの記事は面白いから、多くの人を引き寄せて
しまうのでしょう。

と、それはさておき。

この『ニビル』の地球衝突、その大元はですね。
この 8月21日に、北米の大陸横断規模で見られる
皆既日食、これに端を発するようです。

詳細はトカナの記事を見て頂いた方がよろしいの
で、ここではそれから思い考えることを徒然にで
すね。
進めてまいります。

始めに、早い話、日食が惑星『ニビル』を呼び寄
せて、その果てに地球に衝突に至るというもので
すが。
しかし、この手の話は今までも何度もありました
からね。

とはいえ、衝突日は9月23日と。
はっきりしています。

でも、どうしてこのようなストーリーを描けるか
と言えば。
というか、描くのか。

それは描いた人物が聖書に関する事項に詳しい?
とてもご執心な方らしく、聖書の内容から独自性
の高い研究を行ない、それを天体観測に関連付け
たようです。

となれば、いささか神頼み的な要素が強いのでし
ょう。

ただ、神様だけに、逆に見れば。
神がかり的な部分が多いので、人々に受けるのか
もしれません。

神が関わるとなれば、何となくにしても振り返り
たくなるじゃないですか。
そのような面持ちでしょうか。
何か興味深いものを感じるのでしょう。

確か、一年ちょっと前にはです。
ババ・バンガさんとかいましたしね。
ああ、でも、こちらは予言者でした。

あと、南米出身の方も小惑星がぶつかるなどと。
予言されていましたけど。
今のところ、特に何もないようですしね。

まあ、今回もストーリー、物語として終わるので
しょうけど。
というか、終わって欲しい・・ですけどね。

スポンサードリンク

それでも、スケールの大きい話ですから。
目と耳は大きく動くことは否定できません。

何せ、衝突ですから、地球上のものが一切合切!
消え去る怖れもあるわけで、これは怖いことでし
ょう。

要は人類滅亡ですから。

それにしてもですよ。
冒頭で触れた北朝鮮の弾道ミサイルも『火星』と
いう名称がついています。
『ニビル』も宇宙ですし、宇宙に関連するものは
おっかないということでしょうか。

ということで、この夏は現実と仮説の両方から。
涼しくしてくれるのかもしれません。

今回も徒然ながらこのように。では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ケチャラー 若者言葉
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。