モーニングコール! JKMorning! 女子高生が朝からおはよう?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はこちら。
モーニングコール!
JKMorning!
女子高生が朝からおはよう?

・・って何と思うこと。

項 目
1 モーニングコール
2 売りの言葉
3 コールのかけ方

モーニングコール

最近は朝に弱い人向けに
若い女性がモーニングコールを行う
お仕事と言いましょうか
バイトがあるという話を耳に入れていましたが

今度は女子高生が
電話をしてあげるものも現れたようです。

その名も
『JKMorning』
・・面白いネーミングと思います。

売りの言葉はこれ。

『朝、女子高生が起こしてくれる』・・
こうきましたか!という感じ。

斬新な感じはします。
ただ、一瞬にしても
いぶかしげに思う気持ちも生じますけど。

とはいえ、『女子高生』という言葉に
ロックする人は多いでしょう。

今、こうやってキーボードをたたいている
僕もその一人。

関心を少なからず覚えたため
このように表しているわけで・・

ただし、僕は早起きなので
頼むことはないでしょう。

売りの言葉

ところで
モーニングコールをお仕事的に扱っている
いくつかの事業体さんがあるわけですが

基本的に
そこで売りにされている言葉を連ねてみると
次のようなものがあるようです。

● 一人暮らしで朝寝過ごすことが多い人
● 朝起きるのが苦手で、寝坊しがちな人
● 二度寝をしてしまい、遅刻をする人
● 目覚まし時計のセットを忘れる人
● 目覚まし時計で起きることができない人
● 寝不足気味で、朝起きることがダメな人
● 疲れが残ってスッキリ目覚められない人
● 万が一の寝坊・遅刻対策をしておきたい人
● 女性の声で優しくさわやかに起きたい人
● 好みの「優しい」「可愛い」声で起きたい人
● 単身赴任だけど
・・奥さんに電話してもらうのに抵抗がある人
● 朝一番の会議に絶対遅刻はできないと
・・切羽詰っている人
● 大学の1限目の授業
・・いつも遅刻で、単位を落としかけている人
● 彼氏が頼んでいたモーニングコールに
・・応えたいので起して欲しい人
等々

いろいろあるものです。
ちょっといいなあ!と思うものは
朝一番の会議

そして
大学の1限目の授業の時は
かなり有効かもしれません。

また、話の方向を変えて
女性の声に期待する向きには
よいかもしれません。

ただし妻帯者の場合はどうでしょうね。
ちょっと邪なものもあったりして。

もちろんかける側ではなく
受ける側のモラルの話になりますけど。

そして、さらに話をスライドさせると
朝スッキリ目覚められない場合というのは
モーニングコールもいいでしょうけど。

その前に医者に行きなさい!
・・かもしれませんよ。

こんな具合に勝手なことを
並べてしまいましたが

面白い事業というか産業が
立ち上がる時代になったのかな?
と思わせるには十分な話題です。

コールのかけ方

続いて、視点を変えて
モーニングコールをかける場合の
要領を見てみましょう。

すると大概はこういうものが出てきます。

● モーニングコールはナンバー非通知の『184』

☆ 『184』
電話の設定が通知、非通知に関係なく
相手にこちらの番号の表示はなし。

● ナンバー非通知の電話を受け取らない設定はダメ
● 基本的に依頼者の要望時間に電話をかける
など。

そして、こういうものもあります。
● 出勤、通学時間帯のアルバイトになる
● 「コール娘と話が弾む時は
コレクトコールでお願いします。」
・・的なものも。

結構、豊富にサービス区分を設けてあり
見ているだけでちょっと
世界観が変わるような気もします。

ということで
今朝は『JKMorning』から
モーニングコールの事業体さんを
眺めてみた!・・でした。

でも、高校生の娘がいたら、NGかな。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 浜田雅功 黒人
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。