LGBTへの気遣い、府立高校入試願書の性別区分欄廃止はあだ花かも?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はこちらの話題からひとくさりです。

はじめに
大阪府の教育庁が来年の春から実施する
府立高校入試の性別区分欄(入学願書)を廃止
と決めた様子。

これで、少々違和感を持ちつつ思うのです。

まっさきに浮かんだのは、これです。
単純な言葉ですが

「マジでいいんですか、これで」

本当にそんなことをして
大丈夫でしょうか

男と女の違いは肉体的に明らかなのに・・

今まで区分欄があったのは
必要性があったからではないでしょうか
そのため区分を行っていたと思いますけど。

そして
性別記入欄を廃止することで
いったい誰が得するのでしょうか?
何が改善されるのでしょうか?

学校の先生にとって、受験者の取り扱いに
何か利点が生じるのでしょうか?

不思議です。

先生の業務が煩雑になるだけでは?
・・とも思いますが、どうでしょう。

一応理由をあたるとこういうものが出てきます。

性別記入に抵抗感のある性的少数者(LGBT)の
生徒に配慮したいから・・と。

でも・・
その問題と
受験者、生徒の性別を確認することは
別の話に映りますが、違うのでしょうか。

それとも
大阪府の教育庁が配慮しないといけないぐらい
大阪府には
LGBTの人が多いということでしょうか。

不思議さを覚えると同時に
LGBTではない一般の人たちの思いは
どこに行ってしまうのか?
そちらも気になります。

僕は凡人ゆえ
つい、こんな感じで考えてしまいました。

また、さらに今後もこういう形で
「配慮をした!」
と言い切った行為が表に出ると

LGBTの人たちが逆に困るのではないか?
そんな気もしてきます。

一般の人たちは、LGBTの人たちをより警戒し
さらには敵愾心が醸成されるのではないか?

そんなことも危惧しますけど。

とにかくも
大阪府の教育庁は親切心で、気配りで
行っているのかもしれませんが
それがあだ花にならないことを願うばかり。

(同様の対応を取る県はほかにもあり
報道で目に入れる限り、福岡県も該当か
・・と。)

なお、もう少し存念を述べますと
これがどんどん進むと、少数のために
多数は動けの社会にならないでしょうか。

日本は混乱に向かいそうに思われますが
こちらをご覧の方々はどのように
受け止められるのでしょう。

僕は、大阪府の教育庁には申し訳ないけど
これは一般の人もLGBTの人も
両者不幸にするのでは
・・と思いますけど。

そして、極端かもしれませんが
日本が壊れていく前兆にも映るのです。

賢明な方々には僭越ではありますが
凡人の僕は、そのように・・。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 週刊文春 潜入報告
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。