11月はスペースデブリも来るけど! 『しし座流星群』が極大化する時期! 2015年は18日が見頃か?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
夜空を眺めて!

11月はですね。
『スペースデブリ』の話題もありますけど。
夜空を宇宙の『ほうき星』がきれいに描いてくれ
る時期でもあるのです。

『しし座流星群』が極大化する時期と相まって。
寒くなって空気が澄んでくる効果が加わるのです。

ですので、18日の極大時は期待できそうです。

『しし座流星群』とは?

しし座に放射点を持つ流星群。
レオニズ、レオニードとも呼ばれますね。

毎年11月中旬の中ごろから下旬の中ごろまで。
その姿を見ることができます。

今年の出現期間は10日から25日の間。
そして、ピークは18日の13時頃と言われています。

放射点

流星群に属する流星がですね。
放射状に飛び出すように見える 1点のこと。

また、母天体はテンペルタットル彗星です。
(Tempel-Tuttle)

通常の年のピークの極大時は 1時間あたり数個の
流星の観測が可能と言われています。
ですので、それほど華やかなものでもなさそうで
すが過去のTwitterのつぶやきの画像を見ると。
それはそれで天体ショー的な味わいがあるようで
す。

母天体

● 流星群を生む流星物質を放出している天体
● 該当する天体は周期彗星あるいは彗星だった
小惑星とあります。

しし座のギリシア神話

そもそもですね。
しし座流星群の名前の由来はしし座に放射点を持
つことに端を発し、そのしし座は黄道十二星座
ひとつなのです。

黄道十二星座

● おひつじ座(牡羊座)・・Aries
● おうし座(牡牛座)・・Taurus
● ふたご座(双子座)・・Gemini
● かに座(蟹座)・・Cancer
● しし座(獅子座)・・Leo
● おとめ座(乙女座)・・Virgo
● てんびん座(天秤座)・・Libra
● さそり座(蠍座)・・Scorpio
● いて座(射手座)・・Sagittarius
● やぎ座(山羊座)・・Capricorn
● みずがめ座(水瓶座)・・Aquarius
● うお座(魚座)・・Pisces

さらにはですね。
プトレマイオスの48星座のひとつにも数えられる
とあるのです。

プトレマイオスの48星座

● 天文学上の大元となる星座
● 48個あり、2世紀の天文学者プトレマイオスに
よるもの。

次にしし座の名前の由来です。
こちらですね。

しし座はギリシア神話に登場するライオンです。
ネメアという谷に住み着き人や家畜を襲った!
悪い奴なんですね。

ある時、ヘラクレスと戦うのです。

ヘラクレス12の偉業の一つ。
(アポロンから神託を受けた話)

それで負けた結果、このネメアに住む『しし』が
ゼウス(女神ヘラ)の力で天空に上がりしし座に
なったとあるのです。

負けても、天に昇らせてくれたのでありがたい!
ということでしょうか。

それはともかくも、このギリシア神話は結構有名
ですよね。

ヘラクレスの12の偉業

● ネメアの獅子
● レルネーのヒュドラー
● ケリュネイアの鹿
● エリュマントスの猪
● アウゲイアースの家畜小屋
● ステュムパーリデスの鳥
● クレータの牡牛
● ディオメーデースの人喰い馬
● ヒッポリュテーの腰帯
● ゲーリュオーンの牛
● ヘスペリデスの黄金の林檎
● 冥府の番犬ケルベロス

ですから、この『しし座流星群』。
ヨーロッパでは関心が高いようです。

観測チャンス!

それでは現在のところわかっている観測情報です。
こんな感じですね。
● 17日23:00頃-18日05:00頃(明け方)
● 18日23:00頃-19日05:00頃(明け方)
気象情報によると。
お月様は観測時間帯を妨げずに沈むようです。

ですから、アトは快晴を祈るだけ。
ということで一応防寒の準備をします。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 若者言葉 したっけ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。