着物を連想させる『KIMONO』・・どんな理屈を付けても下着に付ける名称じゃない!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はこちら。

基本、人が嫌がる!
侮辱されたと思うことはしないことだよね。

米国の下着ブランドに付けられた名称
商標登録をしようとする動きがある件


米国人の商標登録によって被る被害?
〇 海外向けの着物を販売ができなくなる可能性あり
〇 日本の文化発信に制限が加わる
〇 KIMONO・・着物が下着と思われる可能性がある

KIMONO

・・どんな屁理屈を付けても
読みからすれば『着物』を連想するよ!

そして
連想した方々が「いかがなものか」
との声を上げたなら引っ込めるべきと思うけど。

馬鹿にしているとしか映らない!
(これは僕が最初に持った印象)

でも、発表者は
「『着物』に向けてKIMONOにしたわけではない」
と強調し、名称を変える考えはないとのこと。

京都市は発表者キム・カーダシアンさんにブランド名の再考を求める文書を送付したとあるけど、聞かない様子

「こりゃあ、ダメだ」
って感じ?

お金になるなら、どんな手段も選ばない!
そうした姿勢はよろしくないかな。
もう十分、下着の存在を世界中に宣伝できた
でしょうから

名称は外して欲しいと思うばかり。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 脳 扁桃体
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。