監視カメラを覗くことができるロシアのサイト「Insecam」・・いろいろなことを考える人がいるね!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

監視カメラって、怖い?

今回は僕らの社会は監視カメラの世界って話です。
それで、あれこれと思うことを語ります。

監視カメラ INSECAM

項 目

1 監視カメラの集約?
2 身近な生活の場でも
3 どうして立ち上げた?

スポンサードリンク

監視カメラの集約?

世界中の監視カメラを覗くことができるサイトがあるのです。
ただ、報道にも表れていましたし、以前もネットの世界ではいろいろと話を持ち上げる方もいましたから、特に珍しいことではありません。

ですが、ちょっと困った!気になる対象には見えます。
というわけで、こうした監視カメラを集めたように見える「覗くサイト」さんに触れてみます。

まず、どこかと言えば、ロシアですね。
ロシアの人が立ち上げたわけです。

Insecam

このサイトの売りはこちら。
世界中の監視カメラをリアルタイムで見ることが可能!
いわゆる「覗き」で盛り上がりを持つ名物サイトになっているのです。

その中でこの「覗くサイト」さんの対象には日本の監視カメラも該当しているとあり、しかも数量的にはパナソ
ニック製が多い様子。

とはいえ、パナソニック製の監視カメラが、この「覗くサイト」さんと特別なつながりがある話ではありません。
単に、サイト作成者が覗いてみたらその傾向があった!というだけのこと。

基本的に、サイト作成者の言では、監視カメラの設置にあたって所定の約束ごと、たとえばパスワードの設定をしていない不用心な監視カメラは、「覗くサイト」さんで見ることができるとあるのです。

つまり、世界にはセキュリテイ意識の乏しい監視カメラが多いということ。

身近な生活の場でも

ところで、サイト作成者が目に入れる監視カメラの内容には、自宅とか銭湯の屋内カメラを通じた映像もある様子。

このように身近な生活の場の監視カメラも、パスワードを設定していない場合、その映像は不特定多数の人々の目に触れることのでしょう。

ただ、徐々に報道などでこの種の内容が扱われたためか、気がついたカメラの持ち主はパスワードを新たに設定し衆人の目に晒されないように努めているともあります。

警戒心が強くなってきたのかもしれません。

とはいえ、意外と世間は冷静です。
「嫌だ」という思いもあるようですが、大騒ぎにはなりませんからね。

また「面白い」と思っている声の方が多いようです。
「暇つぶし」「時間つぶし」との声も、ネットの世界では見られますから。

確かに、発想は面白いでしょう。
特に、映像の中身はともかく、サイトに映像を集約しての表示は、世の中をちょっと高い位置から見る感覚を持たせるかもしれません。

追記 2016.1.25

ツイッターのこの内容から、Insecamを見たい人々の心を読んでいるようです。
もちろん、一部です。他にもさまざまあります。

参考にはなります。

(追記オワリ)

どうして立ち上げた?

不思議なことに、「覗くサイト」さん『Insecam』を作った人は、セキュリティ設定の重要性を知って欲しいと言葉にしているそうです。

「いったい、それは何?」という思いが浮かびます。
知られたから、責めの言葉を頂戴しないための予防線?
・・なんて考えが、あちらへこちらへ向かいます。

きっと、想定を越えて世間の耳目を集めたのでびっくりしたのでしょう。

そのせいか? なんと、今。
このサイト作成者、覗き防止対策に触れています。
「パスワードの再設定をしなさい」と教示をするに至っているのです。

まっ、変なサイトです。

ともあれ、監視カメラも人に見られたくなかったら、そのマニュアルに従い、然るべき処置をして自分を守るしかないのでしょう。
そして、変な話ですが、少なくともそれは「教えてくれた!」と見なしてもよさそうです。

今回もこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。