「今年の漢字」は『災』、被災者思えば、いかが?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は素朴に思うこと。
今日12日「今年の漢字」
京都の清水寺で発表されたとあります。

災害の『災』

そして
これを目に入れた時
「えっ、そうなのか」
となりました。

僕の場合
基本、どのような文字が選ばれることになろうと
構わないのですが

ただ、今年一年を振り返れば
「本当に、これを選びますか」
との思いも持つのです。

これって・・

地震、台風、猛暑、豪雨などの自然災害に
さらされた方々なら選べない!
いや、選びたくない!
・・漢字ではないでしょうか。

なぜなら
被災した方々にとって
辛さ、苦しさ、悔しさなどを思い起こす
・・ものと捉えるのです。

傍観者の僕が語っても詮無いことですが
できれば、遠ざけてあげたい文字か
・・と。

でも、公募ですから、仕方ない?
(日本漢字能力検定協会が平成7(1995)年から)

そこなんですね。
多くの人たちが選んだものですから
さまざまな思いが含まれるでしょう。

とはいえ
最終的に選考にあたった方は
それなりに見識、知見を備えていますよね。
(別に責めているわけではありません。)

それゆえ、しつこいながらも
「何も、『災』を取り上げなくても」

・・と、頭の中は、また反芻へ。

ということで
今回はここまでとなります。

とても短いのですが
今日の「今年の漢字」の発表から
つい思うところを急ぎ表してみました。

失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 月 スーパームーン
  2. 待ち時間ゼロ マクドナルド
  3. 女性蔑視 グリッドガール
  4. しお顔 しょうゆ顔
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。