出生率低下、人口減少、2018年問題がもたらす日本の未来予想! 今と違うことは想像に難くなし?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

出生率低下、人口減少

2018年問題

今回は
人口減少って話をとうとうと聞かされ
日本の未来はどうなるか?

少々、気になって参りましたので
外国人の地方参政権なども含めて
考えたことを、お話させていただきます。

1 出生率低下による人口減少の影響
2 2018年問題
3 日本のある未来予想
4 まとめ
スポンサードリンク

出生率低下による人口減少の影響

「なんかなあ」って感じでしょうか。
この夏休みの話題として
いささか興ざめかもしれません。

でも、この問題は結構早い速度で
目の前に迫ってきています。

兆候も見られるみたいですよ。

というか

すでに始まっているところは
始まっている様子。

それは 大学

短期大学では既に青山学院女子短期大学が
2019年度以降、学生募集停止を決定へ。
(ホームページに表れています。)

要は少子化で
学生さんが集まらないのでしょう。

大学の経営が従来の形では
やっていけない証と思われます。

また、こちらの話題は
知っている人は知っている!

そういう内容です。

私立大学との関わりを
少なからず持つ方の話によると
2018 年問題と呼ばれるものがある
とのこと。

2018年問題

ここで対象となるのは教職員。

教授さんたち・・。
あと事務職員もそうでしょう。
首切りがこれから進むかもしれません。

少なくとも考慮すべき内容でしょう。

なぜなら
学生さんがいないのに教育者とか
事務を扱う人を雇用できないでしょう。

オーナーから見れば、そうなりますよね。

もっとも、この問題に関しては。
既に数年前から、私立大学では
話題になっていた様子。

その対策として、留学生を枠いっぱいまで
入学させるなどの考えもあるようです。

しかし、実現性は。

その後の就職、日本へ定住させるのでしょうか。
その先には外国人の参政権付与?

日本は滅亡へ・・でしょうか。

おそらく、天皇陛下の存在は外国人によって
破壊されることは想像が付きます。

在日外国人の大半は
中国、韓国、北朝鮮の人たちです。

別に好悪の感情はなくとも
自然にそうなると思います。

出身国が反日なんですから
いたしかたありません。

「おー、神よ!」って感じでしょうか。

とにかく、いろいろと頭には浮かびます。

という感じで、人口減少の一端、方向性を
大学教育を題材にして
聞いた範囲で拡げてみました。

どんな道になっても
結構キツイものになることは
避けられないでしょう。

とにかく、大学の場合
教えたくとも対象がいないのです。

そして、この問題がその後どうなるか・・。
雇いたいけど、今度は労働者がいない!
これにつながっていくのです。

さらに、その先は働き手の母数・母集団が
小さくなるわけで・・。

今までよりも優秀な労働者。

あるいは
指導的な立場に立てる管理職要員の輩出が
少なくなることも十分考えられるでしょう。

日本のある未来予想

それを考えると
すでに先走りした感じで、触れてもいますが
情緒的な部分は横に置いて・・も。

将来、日本社会を支えるべき日本経済が小さく!
萎んで行くことが一つの予測として
考えられると思います。

しかも
政府は男が子供を産めないのに関わらず。
女性にも就業機会を増やして
生み手の女性からも
その機会を取り上げるかもしれないのです。

これが施策?
処置なし・・でしょう。

いくら働くママさんのための保育所とか
保育園を「作れー」とか言ってみても。

子供には実の母親が傍にいることが一番!
と思うのです。

やむなく働かねばならない女性
そして、どうしても働きたい女性は別として。

家庭に収まりたい女性まで働かせる環境は
必要ないと思うのです。

細かい話ですが、これですよ。
配偶者特別控除の廃止。

ただ、政策的な話に触れると
泥沼の深みにはまります。

ですので、それは避けて
少子化の影響で経済力が小さくなる!

そこに戻って、話を続けると。

人口減少 未来予想

その後、どうなるかと言えば
「こうなる?」
と思うのです。

外国人労働者の流入で日本は変質

はじまりは外国人労働者の受け入れ
続いて、彼らの帰化の受け入れ

さらには
外国からの移民の受け入れになるのでしょう。

こういう流れがよいとか、どうとか
肯定、否定するものではありませんが

今のままではそのように流れが生じてくる!
と思うばかあり。

なぜって、日本人が減るのです。

しかし、会社・企業は生産力を維持したいのです。
すると、日本人以外の人たちに
それを求めざるを得ないでしょう。

ただ、生産力をかろうじて維持できたとしても
その社会はかつての日本人の社会ではなく!

おそらく、今までと大きく違う!
日本社会ができあがるでしょう。

人口減少 未来予想

まとめ

問題はその社会を従来からの日本人が
満足できる社会かどうか?

このあたりでしょう。

もし、その時、日本の統一性が揺らぐ!
と、見込まれるのであれば。

また、不穏な社会不安を抱えたものになる!
と予測できるなら
早めに手を打った方がよいかもしれません。

たとえば、米国へ一つの州として加えてもらい
米国人になる道。

それなら、労働力も米国本土から来てもらう!
これも一策でしょう。

今までの日米関係を考えれば
比較的融合しやすいかもしれません。

もうひとつは、これもハイジャンプですが
中国の州国家として、共産主義国家として
生まれ変わることです。

日本政府と経団連は外国人を受け入れることが
お好きに見えますから。
特に、中国人と韓国人が・・。

まあ、どちらがよくてどちらが悪いか
それとも、無理して国体を護持し
変質日本国家で頑張っていくか!

それは今後の日本人が決めればよいと思いますが
先が暗い話であることに変わりはありません。

ともあれ、出生率の低下、高齢者人口増加の果ては
今の日本社会とかなり違うものが、誕生すること。

それは否定し難いか・・と。

本当は出生率を上げること。
これを真剣に考えるべき、なんですけどね。
今の政治家ではだめかも。
野党が何でも反対する限り、日本はダメダメでしょう。

それでは、今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。