頻繁に目に飛びこむ不倫関連記事! 営業に使える視点で動くような世の中が興味深い!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



「うーん」どうかなと思いつつも。
さっき見た記事。
たまたま、ネットでMSNとか見てたら。
目の前にあったのです。

斉藤由貴さんが云々かんぬんとか。
今井絵理子さんもどうやらこうやらと。

不倫、あるいはその疑いありとするものです。
これも世相でしょうか。
流行りなんでしょうか。

不倫が流行っているのか。
不倫として見たい思いが流行っているのか。
はたまた、両方なのかわかりませんが、続きます。

興味のある人には楽しいでしょうし、別にない人
は「なーんだ」でしょうけどね。

と、あれこれ、講釈している僕も関心がないよう
にそぶりを見せながら。
こんな文章を起こしていますからね。

関心がまったくない!
とも言えないのかもしれません。

とはいえ、何かテレビ番組のように追いかけて。
何かもの申す!というような勢いはありませんし
そこまで他人の世界に踏み込みたくないですしね。

ただ、社会の珍現象として、見たいと。
不倫の当事者よりも、それを追いかける側のこと
ですよ。

つまるところ、どうなんでしょうね。
不倫そのものは商売とか、営業とかの関係にです。

向いているってことでしょうか。

不倫を取り囲む環境は人を集めて、お金が流れる
社会を構成しているのでしょうか。

だからでしょうかね。
(徐々に肯定的になります。)
不特定多数の中から、その中でも世間に知られる
存在であればお金になると。

(ここで言う存在は有名人ですね。)

たとえば、人々が関心を持って週刊誌が売れる!

同じように。
関心を持ってテレビを見れば視聴率が上がる!

さっと目が向く範囲ではこのあたりが浮かびます。
結局、経済効果を生むということ。
それかもしれないです・・ね。

対象にされた方は「ほっといてよ」でしょうけど。

今回はたまたま、今井絵理子さん。
そして斉藤由貴さんだったようですが。

不倫 週刊誌

でも、対象にされたのははっきりわかりますけど。
真実いかんは不明ですからね。
だって、本当のことは当人だけが知ることで。
当人が肯定しなければ。
どんなに状況証拠のようなものがあっても。
わからないと思うのです。

公序良俗に反しているか云々だけでは。
罪にはならんでしょう。
ですから、認めない限り。
わからないでしょうしね。

それでも、週刊誌とテレビは追いかけるのか!
なんて、自問自答したりして。

でも、見たい知りたい人がいる限り。
という感じで、いろいろ頭の中は回ります。
世の中は面白くもアリ、不思議です。

今回も徒然にこのように。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。