ラブホテルを掲載へ? 「楽天トラベル」さんの斬新話にちょっとロック! 宿泊所確保によしか?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
「楽天トラベル」さんの興味深い話に関して。

その興味深い、面白い企画というのがこちら。

「楽天トラベル」さんがラブホテルの掲載を始め
るようです。
なかなか目の付け所がよいというか。
斬新な印象ですけど。

これから迫って来る東京オリオンピックのことを
考えれば宿泊所の確保にもなるでしょうから。
よいでしょうね。

実際、今でもインバウンドの方ですね。
どちらかと言えば、そのうちの若い人向けに。
都心で泊まるのに「困った」という対象を狙いに
するのはよい気もします。

さておき、いつからかと思い、見るとですね。
6月下旬とあります。

そこで、その対象となるラブホテルですけど。
ラブホテル専門とした情報・予約サイトを見ると
ですね。
ちょっとあたるとこういうものがあります。

〇 カップルズ
〇 ハピホテ
〇 ボナノッテ
〇 booking.com
〇 アルメックス

詳細は不明ですけど。(苦笑)

他にもあると思いますが世の中いろいろと活性化
する動きはある様子。

そして、「楽天トラベル」さんの動きに関しては
アルメックスさんらしいですね。

こちらと提携してなんとか実現に運びたい考えに
見えます。

それにしても、興味深い動きです。
眠るところがあればよいという考えであれば。
ビジネス用に使えるかもしれないでしょう・・ね。

おそらくはこの背景を考えると、場所と経済的な
合致点が少ない先ほどのインバウンドの宿泊場所
を提供できる面と、都心部でのビジネスホテル需
要を見据えたものがあるのでしょう。

さらに実際ラブホテルを使う需要が下がっている
ことへの対処かもしれません。

妙な表現ですが、少子化で適齢の男性、女性も少
なくなった思います。
加えてですね。
女性の社会進出も右肩上がりのようですからね。
あえてお出かけして。
ということが少ないのかもしれません。
下世話に近い話ですけど。

まあ、いろいろと頭には浮かびます。
でも、これはこれでありと。
「いいんじゃない!」
という受け止めですね。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。