上野動物園のTwitterを見て! げっ歯類のハダカデバネズミ・・小さく群れる姿はとても可愛い!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回はネズミの類について徒然に思うこと。

こういう可愛い生き物もいるのです。
小さいから可愛く見えるのかもしれませんが
目を引きます。

偶然 Twitter で見つけたのです。
実際、どこにいるかと言えば上野ですね。
上野動物園にいるのです。

いろいろ関心持って周辺を見渡すとこんな
感じでわかってきます。

何でもそうですけど。
幼獣にしても成獣にしても小さい生き物は
なんとなく可愛いものです。

こちらも重なり合うように眠る姿はしばし
目を奪われてしまいます。

上野動物園の飼育所で見たらこの思いはより
一層のものがあるのでしょう。

ところで、この生き物「ハダカデバネズミ」
(Heterocephalus glaber)
と呼ぶれるもの。

ちょっとチェックしてみるとこんな感じ。
名前の通り、デバで裸に見えます。

デバネズミ科ハダカデバネズミ属に分類。
その中の齧歯類ということ。

※ 齧歯 「げっし」・・not「げっぱ」

生息範囲は次のようなところ。
暑いところが好き?
アフリカです。

 エチオピア
 ケニア
 ジブチ
 ソマリア

大きさはどの程度かと言えばこんな感じ。

 体長  10cm-13cm
 尾っぽ  3cm-5cm
 体毛  薄い毛
 体重  10g-70g

特性は地中をすみかの様子。

その他、この種の他の生き物と同じように
群生するようです。

そして、目を引く事項があるのです。
それはがんに強い性質を持っていること。

その細部は浅学ゆえ語れませんが主なものは
このようですね。

細胞群に新たな細胞の増殖を抑える「過密」
遺伝子と呼ばれるものがあり、これががんを
防いでいるとあるのです。

※ ウイキペデイアにて。

なおですね。
このネズミの姿をもう少し大きくして見ると
こうですね。
これもTwitterから。


※ スペイン語?中身はチンプンカンプン 

こうして見るとやはりネズミですね。

小さい姿は可愛いのですが噛むのかな?
と余計な詮索をしてしまいます。

今回は小さな生き物で徒然に思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。