仮想通貨取引所ZAIF、ハッキング受け被害67億円! コインチェックもあったし痛い?

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回は仮想通貨の取引所に忍び込み
まんまと67億円をせしめた
とされるハッキング被害の事件に関して思うこと。

該当取引所はZaifさん。

そして、ハッキングを受けたことによる
被害損失額はこのように表れています。

・BTC 5966
・MONA 現在調査中
・BCH 現在調査中

※ 日本円で約67億円相当

やっちゃいましたね。

と言うと
Zaifさんが悪いように聞こえるものの
もちろん、ハッキングした盗人が
一番悪いことは言うまでもありません。

Zaifさんと、その顧客は被害者でしょう。

ただ、Zaifさん、対応はチョイどうかな?
と思います。

気が付くまでに時間がかかりすぎ・・?
どうでしょうか。

● 14日:ハッキング被害を受ける
『外部からの不正アクセス、ホットウォレット管理のBTC、MONA、BCHが不正に送金』
● 17日:サーバーの異常が検知される。
● 18日:ハッキング被害そのものを確認
● 20日:被害報告として、ユーザーに情報が流れる。

詳細はこちら。

とにかく
金融庁、捜査当局に届け出をしたこと。

また、顧客の財産保全のため
当該資金確保に奔走した動きは
よいと思いますが

異常検知に3日かかっている現実は
「いかがなものか」
との指摘を受けても致し方がないかも。

ほかに
顧客にはもう少し早く情報を与えた方が
よい気もしますが、こちらもどうでしょう。

単に騒動になって
収拾がつくまでに時間がかかるのも困りもの?
それも考えられます・・けど。

そして
仮想通貨全体の過去の一連の流れを見る限り。

どこか、日本の取引所の意識・体制として
顧客分を含めた資金管理、保全が弱い
と見なされるのは、やむを得ないかもしれません。

たとえば
こちらのツイートを引用させていただきますが
言いたいことはよく伝わります。

確かに・・かも。

でも、個人的にはモナコインが好きなので
今後も使いたいですね。

ホント、チョンボシだけど。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。