群馬県の女子応援部、8人で全国高校野球の地方大会を盛りあげるか! 野球部とともに視線は集まるでしょう!

この記事は2分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
ちょっとよい!と思いませんか。
女子だけの応援部というものも。

というような感じの記事を見つけました。
群馬県の上毛新聞に載っているものです。

タイトルはこうなっています。
“女子だけ”伊勢崎高応援部 野球部勝利へ後押し

詳細は記事をご覧になって頂くとして。

少々僕が受けた印象などを交えて、思うところを
連ねてみます。

まずはどこの学校ということになりますが。
それはですね。
群馬県の伊勢崎市にある伊勢崎高校。

そして、何で女子だけなのか?
これは早い話が男子部員が卒業したりしていなく
なったということ・・ですね。

で、残った女子部員が男子に負けじとやり抜こう
ということで、現在に至る様子。

また、その晴れ舞台というか。
活躍の場は野球の試合場です。

全国高校野球選手権の群馬大会とあります。
ここまで知ると、何となくそのいでたちもですね。
想像できるほど膨らんできます。

ここで練習の画像を見ると。
古い言葉で言えばガクラン!
それかと思ったのですが違いました。
そうした学生服を羽織る姿ではないようです。

まあ、そうですよね。
真夏の盛りですから。
暑い!

話を戻しまして、そのいでたち、姿は。

意外と・・これは失礼な表現かもしれませんが。
活動的なスマートな印象がある格好ですね。
白ハチマキ、青色の半そでシャツ、黒ズボン。

上手く言い表せませんが、メリハリのある収まっ
た姿でしょう。

そのあとに続く言葉はこちら。
どうしても古い頃の大学の応援団を思い出すので
団旗のようなものを持つのか!と思ったら。
それはありませんね。

中央に立つリーダーの女子部員の動きに合わせて
後ろに並ぶ 6名の部員が手振り、身振り(?)で
応援の形を作っているようです。

「いいじゃないですか!」
何か若さとそれから生れるさわやかな感じがあり
よいですね。

また、画像をよく見ると。
太鼓をたたく女子部員も写っています。
ということは全部で 8名構成の応援団になるので
しょう。

女子 夏雲

ということで、大会は 8日から始まりとあります
ので、彼女たちの応援もその日から目に飛び込む
ことになりそう・・。

野球部の選手と女子応援団のコラボ、よき試合と
応援合戦が繰り広げられることを期待したいもの
です。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松江 フォーゲル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。