集団行動の美学? 日体大の歩く動作・演技を見て思う!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は集団行動の美学とでも呼ぶのでしょうか。

すばらしい動画を見つけたので
こちらに関して、お話してみたいと思います。

とにかく
数十人の男子が定められたフィールドの中で
ただ歩きまわり行進するだけの演技ですが
しかし、周囲を魅了するのです。

個人的には、特に斜めに左右からぶつかる形で
進みつつ、集団が触れることなく過ぎていく様は
ただ「すごい」としか、言いようがありません。

しかも、前進だけでなく行進もありますから
神業でしょう。

是非、動画を見て欲しいものです。
ユーチューブからの引用です。

※ いくつかありますが、うち一つを引用例として。

視聴したのは本当に偶然で
つい数日前まで
日体大のこのような演技があるとさえ
気が付かなかったのです。

今の時代、個人主義が強調され
得もすれば偏重に近い形で
その姿が表れることが多いのに
驚異的でしょう。

そのように思われませんか。
ただ・・ただ・・すごいと思います。

かつて同種のもので見たものには
武道館で催された自衛隊の音楽祭りの中で
防衛大学校ドリル演奏があります。

あれと同種の感動を覚えるのです。

集合体としての美学
個々の特性を取り払い、集合体を個として描く!
そんな感じでしょうか。

目を見張るものがありますよ。

ただ、いくつかの動画の中でのコメントに
軍隊になぞらえる言葉もありますが

それは軍隊に似ているというよりも
集合体としての動きを強調すると
軍隊も似通った形になる!
ということでしょう。

そう思うばかり。

今回はここまでです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリです)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. SMAP 地震
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。