ユニクロ、韓国の不買運動に向けた発言で、反発を受けたら、直ちに謝罪か!

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はユニクロの韓国での動きから・・

ユニクロ、韓国の不買運動に向けた発言で、反発を受けたら、直ちに謝罪か!

・・です。

はじめに
親会社のファーストリテイリングの偉い人の
言葉を取り上げ、話を進めたいと思います。
※ ユニクロはファーストリテイリング傘下

ココから・・
韓国の顧客・消費者の不買運動の動きと
偉い人の発言で足元をすくわれたためか
ユニクロがこのままでは営業的に問題あり
と見た様子。

韓国の顧客、消費者に対し謝罪してしまった
できごとが話題になっているのです。

そもそも、問題ありと見なしがある流れは
こういうもの。

ファーストリテイリングの岡崎健氏(この方、CFOと呼ばれる最高財務責任者)が決算会見の際に、韓国での不買運動が売り上げに影響を与えている!と触れるとともに、ユニクロとしては「政治情勢にかかわらず、淡々と進めていく。長期的に売り上げに影響が出るだろうが長く続かないと思う)」との趣旨内容を持ったのです。

そして
「長くは続かないと思う」
この表現に韓国の顧客はロックオンして
ユニクロ側を責めたてている
との報道内容もありますが・・

実際、何が問題点で怒りを韓国人が持つのか
僕にはわかりません。

売り上げの見通しと今後の展開予測を述べただけにすぎないでしょう。何が悪いのか・・?

結果、ユニクロ側はたまらず、17日に続いて
22日も謝る機会を設けたとあるのです。

でも、どうなんでしょうね?
この対応、本当に良かったのか
ちょいと疑問ではありますよ。

もっとも、韓国で商売をするためには
早めにご機嫌取って
韓国人の苛立ちを押さえた方がよい
とサジェスチョンもあったのかもしれません。

基本、そのように見なしますが
ただ、僕の小さい経験の範疇から考える
と逆効果にも映るのです。

韓国人の顧客の中には、今回の謝罪の件で
「騒げばユニクロは韓国に合わせてくる!」
「いや、日本の企業すべてが、そうだろう」
と捉えたかもしれない!
と思われますからね。

また
自らの発言をちょっと言われただけで
引っ込める姿勢は、侮りを受けるのみかと。

この侮りの部分・・
かつて、韓国の留学生と話をしていた時
こういう場合、このように受け止めると
言っていました。

自らが真剣に語ったことを、少々の批判で
取り下げるなら、馬鹿にされるだけではなく
信用もされない!
との趣旨で言いきられたのです。

さもありなんかと
韓国政府の姿勢を見ても、そうでしょう。
絶対、謝るなんてことはしないでしょう。
加害者ではあるはずはない!
そんな姿勢しか映らないでしょう。
そして、知らないうちに被害者側のイスに
座っていると思われませんか。

ともあれ
そのため、今回も韓国の顧客の多くは
ユニクロをそのように見なすと思うわけ・・

ですからね。
あえて言わせていただくならば

ユニクロ、韓国での利益を捨ててでも
「不買運動が続くなら、撤退する」
ぐらいのことを言葉とすれば

逆に信頼度(骨があるという意味で)が
増したかと思うのです。

ともあれ
ユニクロ、これから、日韓の間で
何かあるたびに騒動が起こるレギュラーに
なるかもしれませんよ。

でもね。
できれば、そうならないことを祈るのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。