郵便局のゆうパック『置き配』サービスを聞いて「ウーン?」となる!

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は素朴に思うこと。
郵便局のゆうパック置き配』サービスに関して

「ウーン?」
「こういうやり方、大丈夫ですか」
と、マジに・・。

犯罪皆無の社会なら、いざ知らず!
少々疑問視してしまいました。
(でも、日本郵便に悪意はありませんよ。)

ところで

そもそも、『置き配』とはこういうもの。

宅配便「ゆうパック」で
配達時、受取る人が不在の場合
事前に指定していた場所に荷物を置き
配達を終えたとする
指定場所配達サービス』のこと。

ただし
これの利用時は、まず
日本郵便Webサイト「ゆうびんポータル」で
『ゆうびんID』の取得が必要!

また
荷物の送付者が日本郵便への届け先情報と
受け取り人の登録情報の整合が取れた際

受け取り人へ『お届け予定通知』
あるいは『ご不在通知』メールが送られ
このメールを受け取ることで

はじめて、受け取りの場所を指定できる様子。

これで
● 自宅で用意した宅配ボックス
● 郵便物収納ボックス
● メーターボックス
● 物置場や車庫

・・などへ届けてもらえるのです。

何気に便利な感じはします。

ただ、常態化すると
空き巣狙いなどの窃盗行為を行う者の
恰好のターゲットにもなりそう・・かと。

「その点への考えはあるのか?」
・・と少々、気にもなるわけです。

そして、何気に 不評では
そんな結果が出そうな気もします。
いかがでしょう。

でも、配達労力軽減になることは否めません。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コンピ 婚姻費用
  2. 世相 雑学
  3. 松江 フォーゲル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。