ビットコインキャッシュはハードフォークへ! でも、ABCとSVに分かれてユーザーは喜ぶ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はいささかマニアックな話、内容?
・・に映るかもしれませんが

少なからず関心を持っている分野ですので

仮想通貨『ビットコインキャッシュ』

こちらのハードフォークに関して、触れてみたい!
と思います。

昨夜あったんですよね。
と言いましょうか、本日16日、1時40分ぐらいに
そのハードフォークが・・

もちろん、『ビットコインキャッシュ』の・・

これによって、ほかの仮想通貨でも
規模の違いはあっても同様と思われますが
扱える情報容量の大きさやセキュリティ関連などの
改善が行われたようです。

ただし
今回は『ビットコインキャッシュ』
さらに前へ導きたいグループが
二つ存在することもあり

双方意見がかみ合わないのか
ネットワークとして
二つに分裂することも決まった様子。

で、その結果は

〇 ビットコインABC
(Bitcoin Cash ABC)

〇 ビットコインSV
(Bitcoin Cash SV)

※ SV:satoshi visionと言われます。

・・へ。

とはいえ、『ビットコインキャッシュ』自体
2017年8月1日
ビットコインからハードフォークして
誕生したもの。

スポンサードリンク


ですから
このような分かれ方をすることは
決してめずらしいことではないのでしょう。

ただ、今回の場合はABCSV
いささか反目しているとあるのです。

特に、SVが攻撃的性格を帯びているとのこと。
なぜなら、いわゆるハッシュパワーに関して
ABCが上回っているとあるからです。

ブロックチェーンの生成が
進んでいるのでしょう。

つまり
ビットコインキャッシュの継承者としては
ビットコインABCのネットワークが
正当に映る!

ということかと、思われます。

そのため、SVは生き残りをかけ
ABCに立ち向かっているのかもしれません。

でも、ユーザーの立場からすれば
今後、仮想通貨取引場で
今までのビットコインキャッシュが
どのように反映されるのか

また
その価格の上昇、あるいは消沈に目が向かう!
・・と思いますけど。

どうでしょう。

ですから、可能であれば
両グループとも
ユーザーの視点も考慮していただければ

さらなる発展が見込める
と僭越ながら思うばかり。

なぜなら、少なくとも13日以降
ビットコインキャッシュの価格は
グングン下がっている!

そんな流れですから・・。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。