【衝撃】地球は宇宙ハリケーンの接近で、影響を受けて終わるのか?

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はこんな感じでタイトルを起こしてみました。

【衝撃】地球は宇宙ハリケーンの接近で
影響を受けて終わるのか?

なーんてね。

少々、突飛な印象を引きずって表しましたが
『宇宙ハリケーン』が近づいていることは
研究者の間ではかなりの確度アリとして
扱われている様子。

また、報道でも表されるぐらい・・。
(アトで表しますが、CNNでも)

続いて、どんなものかと触れると
大量の『暗黒物質』を抱えた約100個の恒星が
太陽系に接近しているとあり
これを『宇宙ハリケーン』と表しています。

そして
この『宇宙ハリケーン』
今後数百万年以内に太陽系の近くを通過へ。

ですが
恒星と衝突する心配はないとあるので
まずはひと安心でしょう。

逆に
これを機に世界初の『暗黒物質』が観測可能?
との考えも生まれるほど。

そこで、興味深いのは
たとえば、CNNの記事に登場する
キーラン・オヘア氏の考える『暗黒物質』でしょう。

その理論が今後、どのように見なされるのか。
興味を深く覚えるのです。

これが人類に何らかの影響を及ぼさないのか?
磁場はどう?
空の色は変わらない?
・・とか
並べたものは、個人的な疑問ですけど。

いろいろと膨らみます。

※ 報道ではたとえば、こちら。
(興味を覚えたら見て、面白いです。)

CNNの20日の記事
『暗黒物質のハリケーン、地球に接近
銀河系を逆走中』
https://www.cnn.co.jp/fringe/35128933-2.html

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴルゴ13 外務省
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。