造幣局の『平成最後、31年の貨幣セット』は人気上昇! オークションへ登場とも!

この記事は1分で読めます

ラビカリです。

今回は気になる話題です。
といっても、チョビっとだけ気になる!
関心を持つものですね。

僕的には。

※ これは過去のもの

大阪にある造幣局が製造して、販売までしている
とされる『平成最後、31年の貨幣セット』
結構売れているそうです。(硬貨6種類)

名称はこちらが正しいようです。
「プルーフ貨幣セット」(銘板付き7714円)

というか、品切れで追加製造との声も・・。

すごいですね。
この手のセットは毎年、販売されているようですが
やはり平成もアト二か月とちょっと
・・となると
名残を惜しむ方々が、この際「求めよう!」
ということかもしれません。

ただ、インターネットのオークションにまで
出ていると聞くと
どうなんでしょうね。

別に悪いことではないので、お好きに・・

ですが
少々、投機的な対象とするのはどうかな?
との思いと

そもそも、投機の対象となるほど高くはならない
のでは、なんて思いも。

とはいえ
僕の考えが標準というわけでもありませんから

人それぞれ、是非とも欲しい!
という方がいれば
その流れも成立するのでしょう。

とにかく・・関心高い証左かと。

と、とりとめもなく、言葉を紡ぎましたが
それだけ、今、人気、ミニブームとなっている!

その渦中の話題でした。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。